「 除雪」に関する記事

下水熱の融雪効果十分 実用化へ研究深化

2020年03月17日 12時00分
下水熱の融雪効果十分 実用化へ研究深化

 伊藤組土建などで構成する「さっぽろ下水熱利用研究会」は、北海道科学大で2017年冬から進めている下水熱を利用した路面融雪実証研究の効果をまとめた。採熱管で集めた熱をヒートポンプで昇温する融雪システムは、熱流束の平均値が1m²当たり299㍗と札幌市の設計基準を上回り、車道や歩道を融雪する効果が十分なことが分かった。今後は、融雪範囲を歩道部に広げたり、運転制御を最適化するなど研究を深化させながら実用化や普及につなげたい考えだ。

関連キーワード: 下水道 除雪

通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去

2020年03月11日 13時00分
通行止めの野塚峠 高堂建設がトンネル付近の雪崩を除去

 大雪の影響で5日から通行止めとなっている国道236号野塚峠では、野塚トンネル広尾側坑口[MAP↗]付近で延長80㍍にわたって雪崩が発生した。維持を担う高堂建設(本社・帯広)が9日に除去作業を完了させたが、降雨や気温上昇による融雪が懸念されるため、通行止めは引き続き実施。2次被害防止へ細心の注意を払っている。

関連キーワード: 十勝 日高 災害 除雪

「雪対策ルール」認知度高く 実践は機会減少で微減

2020年03月10日 09時00分
「雪対策ルール」認知度高く 実践は機会減少で微減

 札幌市が2019年12月に実施した市民意識調査によると、路上駐車や道路への雪出し防止など雪対策ルールやマナーを「知っている」割合は8―9割で高い認知度を維持した。ルールやマナーを「実践している」という回答は前回調査に比べ微減。除雪の「機会がない」が増加傾向にある。

関連キーワード: さっぽろ圏 除雪

雪下ろし不要の屋根用塗料「陸王」 村田塗料店が提案

2020年02月17日 13時00分
雪下ろし不要の屋根用塗料「陸王」 村田塗料店が提案

 村田塗料店(本社・札幌)は、滑雪性に優れた屋根用塗料「陸王」を提案している。1液タイプのシリコン系塗料で、雪の滑りに特化した製品。塗ると雪が積もりづらくなるため、雪下ろし作業をしないで済む。塗膜に重ね塗りできることから、施工性やメンテナンス性も優れる。作業者の高齢化や人手不足が深刻化する中、安全に主眼を置いた塗料として広く普及させたい考えだ。

関連キーワード: 塗装 新製品 除雪

契約総額の78%支払い 札幌市が除排雪事業者に緊急対応

2020年02月04日 08時00分
契約総額の78%支払い 札幌市が除排雪事業者に緊急対応

 札幌市は記録的な少雪を受け、市道除雪を受託する除排雪事業者への緊急対応策を実施する。通常は出来高に応じて費用を精算しているが、今シーズンは出来高に関係なく契約総額の78%までを支払う。極端な少雪で出来高が低迷し、通常精算では固定費が支払いを上回り採算割れする可能性が高まっていた。

関連キーワード: さっぽろ圏 人材確保 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

当別太に新駅 当別町とロイズがJRに要望書
2020年03月06日 (4,202)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (3,343)
百年記念塔の解体近づく 価値認める建築家有志が反発
2020年03月15日 (2,491)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,866)
道央圏連絡道路泉郷道路8.2kmが開通 札幌開建
2020年03月11日 (1,793)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第180回は「マスク」。まだ感染して いない人の予防としては無意味です。 感染防止にはこまめな手洗いを。

連載 深掘り new

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地

ノボシビルスク シベリアのビジネス発信地
本道企業から注目を集めるノボシビルスク。高度人材の輩出地、新ビジネスの発信地の最前線をレポートする。