「除雪 - Page 5」に関する記事

暖冬、悲喜こもごも 雪少なく除雪業者に焦り

2020年01月27日 09時00分
暖冬、悲喜こもごも 雪少なく除雪業者に焦り

 全国的な暖冬に伴い、道内では除雪関係の企業を中心に気候の先行きを心配する声が多く聞かれる。その一方で、寒さや雪が仕事の妨げになる建築関連の業者からは少雪を歓迎する声も。明暗が分かれた今冬を追った。

関連キーワード: 除雪

帯広市で記録的雪不足続く 経営や人材確保に懸念

2020年01月21日 10時30分
帯広市で記録的雪不足続く 経営や人材確保に懸念

 全道的に少雪の今冬、帯広市内の降雪量が、平成最少となった昨年を下回るペースで推移している。市外を見ても農地には雪がなく、舞い上がった砂ぼこりが高速道路を一時通行止めにしたほどの少なさ。除排雪を担う地元維持業者の負担は大きく、「こんな冬が2、3年続くと厳しい」「仕事がなくなると人材不足に拍車を掛ける」と嘆息を漏らしている。

関連キーワード: 人材確保 十勝 除雪

道路除雪を担う地場業者が採算悪化に不安 札幌市内が記録的少雪

2020年01月14日 10時00分
道路除雪を担う地場業者が採算悪化に不安 札幌市内が記録的少雪

 三十数年ぶりの記録的な少雪となった札幌市で、道路除雪を担う地場建設業者が不安を募らせている。いまだ本格出動がない地区もあり、契約額が減額される可能性が強まっているためだ。少雪でも待機人員や機械の費用は発生する。経営者の1人は「このままでは採算悪化で来冬の体制確保にマイナスの影響が出かねない」と晴天を見上げ表情を曇らせる。

関連キーワード: さっぽろ圏 除雪

AIで雪堆積場選定へ 札幌市が20年度にシステム構築

2019年12月19日 12時00分
AIで雪堆積場選定へ 札幌市が20年度にシステム構築

 札幌市は2020年度に、道路の排雪時にAI(人工知能)を使い、作業現場から最適な雪堆積場を選定するシステムを構築する。気象やリアルタイムの作業状況などビッグデータを活用。最大100以上が同時稼働する排雪現場に、最適な搬送先をAIを使い全市的視点で選ぶ仕組みをつくる。21年度は実際の業務と並行した仮想運用で検証を進め、22年度の運用開始を目指す。

関連キーワード: さっぽろ圏 除雪

融雪施設として近文清掃工場の再利用検討 旭川市

2019年12月18日 12時00分

 近文清掃工場の建て替えを計画している旭川市は、建て替え後の旧清掃工場を融雪施設として再利用できるか調査し、その可能性を検討していく考えだ。

関連キーワード: 上川 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (4,788)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,645)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,339)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,012)
6トンネル9.7km整備へ 道東道4車線化3区間...
2021年12月22日 (2,922)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。