「ICT - Page 5」に関する記事

冬季の路面評価を共同研究 トヨタと札幌市立大

2022年10月09日 09時00分
冬季の路面評価を共同研究 トヨタと札幌市立大

 トヨタ自動車は〝コネクティッドカー〟と呼ばれるインターネット接続機能を持った車を使い、冬季の路面評価を札幌市立大と共同研究している。札幌市の協力を得て進めた2022年2月の実証試験では、地点によって荒れ具合が違うなど路面状況を確認できた。今後は、舗装のポットホール対策など活用の幅を広げたい意向だ。

関連キーワード: ICT さっぽろ圏 道路

重機の遠隔操作を共同検証 鈴木商会とコベルコ建機

2022年10月08日 09時00分
重機の遠隔操作を共同検証 鈴木商会とコベルコ建機

 鈴木商会(本社・札幌)は、金属リサイクルの事業所で使う重機向け遠隔操作システムをコベルコ建機と共同検証中だ。人口減少や高齢者増加で地方を中心にオペレーターの確保が将来難しくなると考え、大都市の札幌圏と過疎の地方を通信ネットワークによる遠隔操作で結ぶことで、担い手確保や働き方改革の課題解決を図る。年度内の現場実装を目指している。

関連キーワード: ICT 働き方改革

北見市役所本庁舎が北海道ニューオフィス奨励賞に

2022年10月03日 17時30分
北見市役所本庁舎が北海道ニューオフィス奨励賞に

 創意工夫をこらしたオフィスづくりを表彰する日経ニューオフィス賞の北海道ブロックで、北見市役所本庁舎が北海道ニューオフィス奨励賞に輝いた。業務効率に配慮した空間づくりや、「書かないワンストップ窓口」といったフロント業務、バックオフィス改革などの取り組みが評価された。

関連キーワード: ICT オホーツク 働き方改革

スマート農業を実証へ 伊達市とデンソーなどが連携協定

2022年09月30日 16時45分
スマート農業を実証へ 伊達市とデンソーなどが連携協定

 デジタルトランスフォーメーション(DX)で新たな農業モデル確立―。伊達市とデンソー(本社・愛知県刈谷市)、デンソーアグリテックソリューションズ(同・東京)は9月29日、農業による地域活性化に関する包括連携協定を締結した。デンソーが自動車部品製造で培った品質管理などの技術を生かし、3者がスマート農業、担い手育成、低炭素農業を実証する。

関連キーワード: ICT 地域振興 農業

仮想空間で「思い」伝える 土木向けにゲームエンジン活用

2022年09月26日 08時00分
仮想空間で「思い」伝える 土木向けにゲームエンジン活用

 デザイン会社のKOO(クウ、本社・小樽)は、土木分野でゲームエンジンを使った仮想空間の提案に乗り出した。地形データや建設物モデルを組み合わせ、高品質な3Dのデジタル空間を構築。映像や音楽制作で培ったデザイン力を生かし、表現力の高い完成イメージやシミュレーションの提供で注目されている。

関連キーワード: ICT

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

北海道建設新聞社新卒・キャリア記者採用募集バナー
  • 東宏
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

藻岩高敷地に新設校 27年春開校へ
2022年02月21日 (6,331)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,605)
おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,558)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,434)
おとなの養生訓 第203回「おかゆ」 消化時間、白...
2021年03月15日 (1,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。