連載・特集

おとなの養生訓

 ビジネスマンの日常にとって欠かせないものに「健康」があります。そこで、今日も職場で奮闘する皆さんに北海道建設新聞がお贈りするのが、當瀬規嗣(とうせ・のりつぐ)さんの「おとなの養生訓」です。

 

NETIS特集2017

NETIS特集2017

 北海道開発局の公共工事等における新技術活用システム(NETIS)の登録件数は、2003年度の登録開始以来、17年10月末現在で191技術となっています。本紙土木の日特集で取り上げたNETIS関連の協賛企業登録技術を紹介します。

 

北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流

 2017年9月、北海道モンゴル経済交流促進調査会の経済ミッションで、経営者や官庁職員など30人が同国を訪問しました。現地の経済活動や企業の活躍などを紹介します。

 

その時に備える 自然災害の記憶と教訓

 近年増加する未曽有の災害。自治体、地域はどうやって次の「その時」に備えていくべきか。災害対策にまつわる現状や課題を探ります。

 

空撮 復興の大地

 2016年北海道に連続台風がもたらした甚大な被害から1年。地域を守る社会基盤と、復興する大地を空から伝えます。

 

空知を語る 24首長

 24の自治体で構成される空知地域。それぞれの自治体のまちづくりの取り組みを紹介する。

 

はばたけわこうど2017

 2017年春。社会人として新たな世界ではばたきはじめた、9人の「わこうど」たちに、建設業にかける思いを聞きました。

 

マイナス金利時代を聞く

 日銀が導入した国内初のマイナス金利付きの金融緩和政策。資金の流動性をより高め投資や消費を促し、物価上昇の目標達成を狙う。銀行の預貯金・貸出金利が下がるなどその波及が見え始めた。政策の意味や影響をどう考えるべきか。5人の識者に聞いた。

 

はばたけわこうど2016

はばたけわこうど 2016

 2016年の春。建設業の道に一歩を踏み出した「わこうど」達18人に、それぞれの思いを語ってもらいました。

 

東日本大震災 復興への歩み

「あの日から5年」東日本大震災 復興への歩み

 復興支援で現地に赴いた方々に取材。復興の歩みを振り返り、自治体や建設業の役割、社会資本整備の在り方を考えました。

 

シルクロードビジネスセミナー

シルクロードビジネスセミナー

 環境保護・省エネの取り組みが進むシルクロード沿いの国々。事業参入を模索する4社による、調査報告を紹介します。

 

途切れたレール JR日高線の行方

途切れたレール JR日高線の行方

 北海道胆振・日高地方を結ぶJR日高線。高波による線路被害を受けた鵡川―様似間復旧への道筋はいまだに見えていません。沿線地域と学識者に話を聞きました。

 

2016年にかける

2016年にかける 若手女性技術者インタビュー

 干支・申年生まれの若手女性技術者7人が登場します!「2016年にかける思い」や「将来の夢」を語ってくれました。

 

被災地たずねて 宮城県山元町は今

被災地たずねて 宮城県山元町は今

 震災から4年半。新市街地の形成が進む宮城県山元町をたずね、変わるまちの姿に復興を実感しました。

 

女性技術者はいま

女性技術者はいま

 建設業で働く女性技術者が増えています。彼女たちは、現場で何を感じているのか。砂子組と一二三北路を取材しました。

 

上川管内建設業界2015秋の褒章

上川管内建設業界2015秋の褒章

 上川管内の建設業界から2人が黄綬褒章の栄誉に。受章者の瀬尾信佳さんと高橋有司さんの歩みを紹介します。

 

道建青会ファッションショー

道建青会ファッションショー

 北海道建青会が建設作業着のファッションショーを北見市で開催!デザインは北海道ドレスメーカー学院生が担当しました。

 

集え若手技術者

集え若手技術者

 若手人材不足が深刻な宗谷管内の建設業界。地域の未来のため人材確保と育成に挑む稚内建設協会などの取り組みを紹介します。

 

型枠大工への道 職業訓練400時間の軌跡

 2015年春、型枠大工を目指す若者6人が帯広職業能力開発センターで4カ月の訓練に取り組みました。ものづくりの魅力を肌で感じ業界の厳しい実情にも触れた、それぞれの姿を追いました。

 

真砂徳子の起ーパーソン~明日をひらく人々~

真砂徳子の起ーパーソン 風をおこす人々

 前人未到にもちゅうちょせず自ら行動を「起」こし奮闘する人々の姿を、北海道で活躍するフリーアナウンサーの真砂徳子さんが、インタビュアーとなり紹介。「明日をひらく人々」につづき、北海道のマンパワーを読者の皆様にお伝えします。(全65回:2012-2015年に掲載)

 

真砂徳子の起ーパーソン~明日をひらく人々~

 経済の疲弊にあえぐ北海道で、自ら行動を起こし、豊かさや夢の創造に奮闘する「起ーパーソン(キーパーソン)」を紹介することで、地域や企業の未来を模索する読者にエールを送る企画です。(全54回:2009-2012年に掲載)

 


  • イイファス
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,351)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。