建設行政

小樽ジャンクションのフル化へ前向き-道の要望に東日本高速道路

2016年12月20日 07時13分

 東日本高速道路は19日、事業評価監視委員会(委員長・家田仁政策研究大学院大教授)を開き、道横断自動車道余市―小樽間(23・4㌔)を再評価した。余市方面から小樽インターチェンジに出られる構造にする小樽ジャンクションのフル化を道が要望したことに対し、同社は実現に前向きな考えを示した。

続きを読む

札幌市の総合評価入札でくじ引き大幅増-点数差小さく

2016年12月16日 07時14分

 札幌市が実施件数を増やしている総合評価方式のうち、市長部局発注工事の22.7%でくじ引きが発生していることが分かった。前年度の発生率は11.1%だったため、10ポイント以上増えている。財政局はこの事態を受けて、総合評価方式でのくじ引き発生率を低下させるため、次回の入札・契約等審議委員会で対策案を示す考えだ。

続きを読む



帯広建協が建管に特例経常JVの新設求める-台風被害復旧で

2016年11月25日 19時14分

 帯広建設業協会は25日、帯広建管を訪れ、8月の台風災害復旧工事の発注に関して要望活動をした。膨大な復旧工事を効率的・効果的に進めるため、仮称・災害特例経常共同体の新設や発注ロットの拡大などを求め、早期復興に貢献する覚悟だ。萩原一利会長と西江靖幸副会長が十勝総合局の永山秀明副局長に要望書を手渡し、迅速で円滑な対応を求めた。

続きを読む

旭川市が新庁舎建設基本計画案固める-着工は19年度

2016年11月22日 19時18分

 旭川市は、22日に開いた新庁舎建設推進本部会議で新庁舎建設の基本計画案を固めた。2期に分けて段階的に整備する方針で、1棟目は地上8階程度、延べ2万3000m²を想定。建設地は現総合庁舎北側の中庭部分で、市民文化会館の一部を撤去し、建物面積2900m²を確保する。2017年度から基本・実施設計を進め、19年度の着工、21年度の完成を見込む。2棟目は延べ7000m²を想定するが、着工は文化会館の整備の方向性や今後の社会情勢、財政状況を考慮する必要があるため未定とした。

続きを読む

市町村でも入札参加資格の社保加入義務付け一段と

2016年11月18日 19時16分

 2017・18年度の建設工事の競争入札参加資格審査申請に当たり、釧根管内で15・16年度に社会保険等加入を要件化していなかった根室管内全自治体と釧路管内浜中町で、一人親方ら適用除外以外の事業者に対し、加入義務付けに向けた動きが広がっている。既に羅臼町は事業者向けに町のホームページで社会保険等加入の要件化を公表。ほかの市町も要件設定に向けた検討を進めている。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。