地域経済

16年度の軽油販売が4年ぶり増加-農業など免税分押し上げ

2017年05月27日 07時16分

 商用車のほか、重機やトラックなどに多く使われる軽油の道内販売量が、2016年度に215万7300万㌔㍑と前年度実績を3%上回った。前年度より増えたのは油圧ショベルなど特定特殊自動車(オフロード車)の排出ガス規制が浸透し始めた12年度以来。しかし13年度まで続いた230万㌔㍑の水準には及ばず、需要減少の状況には変わりがない。施設や工場などで使われるA重油の販売量は108万2000㌔㍑で3%ダウンした。

続きを読む

赤平の平岸病院が建て替えへ-総事業費25億円、9月にも業者決定

2017年05月26日 19時13分

 医療法人社団博友会(赤平市平岸新光町2丁目1、谷博理事長)は、赤平市にある平岸病院を建て替える考えだ。新病院の規模はRC造、5階、延べ7500―8000m²で、総事業費は最大25億円を見込んでいる。既存施設の耐震化確保や老朽化改善を通して、地域に根差す充実した医療環境を構築する。9月にも施工業者を決め、2018年の着工、19年4月の供用を目指す。

続きを読む



札幌の投資用ホテル期待利回りが過去最低水準に-日本不動産研究所

2017年05月24日 07時20分

 日本不動産研究所は23日、2017年4月時点の不動産投資家調査結果を発表した。札幌に関しては投資用の宿泊特化型ホテルの期待利回りが前回調査(2016年10月)を0.2ポイント下回る5.8%で、1999年の調査開始以来最も低い水準となった。東京をはじめとする他の主要都市でも低下傾向が見られ、20年開催の東京五輪招致決定を契機としたホテル投資市場の活発な動きが全国的に続いている。

続きを読む

小樽・色内地区で128室のホテル着工-ビーロットが来春開業目指し

2017年05月19日 07時18分

 不動産の再生・開発、コンサルティングを手掛けるビーロット(東京都港区新橋2丁目19の10、宮内誠社長)は、小樽市色内地区のホテル新築を岩田地崎建設・阿部建設共同体で着工した。2018年3月の完成、同4月の開業を目指す。

続きを読む

江別市が野幌駅南口の市民交流施設整備で民間事業者募集へ

2017年05月18日 07時13分

 江別市は、JR野幌駅周辺を再整備する「江別の顔づくり事業」の一環で、市民交流施設(仮称・市民の暮らし会館)新設を計画している。野幌駅南口の市有地に、民設民営でランドマーク施設を整備するもの。現在は事業者の公募条件などを庁内で検討しているところで、募集開始は早くとも敷地造成が完了する秋口以降となる見通しだ。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。