その他ニュース

道の17年度予算案で工事請負費は1695億円-災復費が3倍

2017年02月24日 19時16分

 道が2017年度予算案に計上した工事請負費は、前年度当初比6.7%増の総額1694億9927万7000円となった。一般会計が7.4%増の1638億7487万7000円を占め、災害復旧が3倍の88億8969万9000円と大きく伸びた。一方、建設費は694億1925万8000円と最多だが、道路新設改良やダム建設などが伸び悩み、6.8%減少した。

続きを読む

ドライアイスでコンクリ壁の劣化診断-室蘭の企業が共同で開発中

2017年02月24日 07時15分

 メイセイエンジニアリング(本社・室蘭)は室蘭工大大学院の板倉賢一教授と共同で、ドライアイスを用いた打撃音によるコンクリート壁面健全性診断システムを開発している。トンネルの覆工コンクリート面にペレット状のドライアイスを射出し、その打撃音を収録・解析して内部劣化を非接触で分析する。

続きを読む



夕張市が財政再生計画を抜本見直し-46事業に113億円投入へ

2017年02月22日 19時12分

 夕張市は、財政再生計画を抜本的に見直し、2017年度から26年度まで10カ年で取り組む46事業の政策的経費の総額を113億円と算出した。このうち35事業は17年度に着手。市の再生方策に関する検討委員会からの提言や、15年度に策定した地方版総合戦略(15―19年度)を踏まえ事業を盛り込んだ。コンパクト化を推進する市営住宅再編には数十億円、市立診療所の清水沢地区への移転改築には20億円以上を見積もっている。鈴木直道市長は、この見直しをもって実質的に再生団体から脱却する計画とし「10年間止まっていた地域再生の針を動かす」と、実現に向けて決意を示した。

続きを読む

再開発4地区への補助は44億円-札幌市の17年度予算案

2017年02月21日 08時08分

 札幌市は、市街地再開発4地区への補助として、2017年度予算案に44億1300万円を計上した。対象は南2西3南西、北8西1、北4東6周辺、北3東11周辺の4地区。このうち北ガス札幌工場跡地の北4東6周辺地区では、16年度中にも中央体育館を含む北西街区や南街区から本体に着工。移転改築するJR苗穂駅を核とする北3東11周辺地区では、3月にも組合が設立される見通しだ。

続きを読む

16年の道内建築確認は1万8818件-貸家急増で2年連続増

2017年02月20日 19時09分

 2016年(1―12月)の道内建築確認件数は、前年比5.4%増の1万8818件と2年連続で増加した。低金利や相続税対策を目的とした投資などを背景に貸家建設の需要が急増。世界的な株価暴落のリーマンショックが起きた08年以降としては、消費増税に伴う駆け込み需要のあった13年に次ぐ高い水準となった。17年について住宅関係団体や金融機関は、緩やかな増加を予測。ただ、16年のような力強さはないとみている。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。