その他ニュース

北海道新幹線札幌市内ルートの事業説明会が23日から開始

2017年08月02日 19時07分

 鉄道運輸機構北海道新幹線建設局は、北海道新幹線札幌市内ルートの沿線地域向けに開く事業説明会の日程を明らかにした。23日の札幌市西区を皮切りに中央、手稲、北の4区で9月10日まで9回にわたり開く。事業概要や進め方を説明し、用地調査や測量へ協力を要請する。説明会後は順次、用地測量などの作業に入る予定だ。

続きを読む

鉄道事業見直しで本格議論開始-道がフォローアップ会議初開催

2017年07月31日 19時17分

 道総合政策部は7月31日、道庁本庁舎で鉄道ネットワークワーキングチームフォローアップ会議(座長・岸邦宏北大工学研究院准教授)を初開催し、JR北海道の事業見直し問題に関して具体的な議論を開始した。国の抜本的な支援内容について考えたほか、委員のうち学識経験者を沿線自治体による協議会などに派遣して、地域での議論を加速させていくことに決めた。

続きを読む



渋滞対策協議会にトラック、バス両協会が加入-利用者との連携強化

2017年07月27日 19時22分

 北海道開発局や道、札幌市などで組織する北海道渋滞対策協議会は27日、TKP札幌駅カンファレンスセンターで開いた2017年度第1回会合で、道路利用者からの意見を基に特定した主要渋滞箇所対策の進捗(しんちょく)状況を協議した。この中で新たなメンバーに加わった北海道トラック協会と北海道バス協会への聞き取りで、既存の主要渋滞箇所以外にも13カ所の渋滞区間があると報告。今後の現地調査で実態を把握し、対策の必要性を検討していく。

続きを読む

札幌市が都心エネルギーアクションプラン策定に着手-年度内に素案

2017年07月19日 07時16分

 札幌市は、都心エネルギーアクションプランの策定に着手した。ビル建て替えに合わせた都心の低炭素化を推進するため、向こう10年間の具体施策を示すもの。4つの専門部会を設け、土地利用の規制緩和を含む誘導施策、分散型電源配置、地域新電力導入検討など6施策を議論し、年度内に素案をまとめる。2018年度の策定を目指す。

続きを読む

気候変動予測データから本道の降雨など分析へ-検討委が国内初の試み

2017年07月12日 19時15分

 北海道開発局と道が事務局を務める「北海道地方における気候変動予測(水分野)技術検討委員会」(委員長・中津川誠室工大大学院教授)は12日、北海道開発局研修センターで初会合を開いた。事務局が提案した気候変動予測データによる将来的な大雨などの分析方法を話し合い、委員の承認を得た。秋ごろにも分析結果を中間報告し、冬ごろの会合で影響予測の結果を取りまとめる見込みだ。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。