e-特集北海道新幹線

道南いさりび鉄道のロゴマークが決定

2015年3月24日付

 北海道新幹線開業に伴い、JR北海道から経営分離される江差線五稜郭―木古内間37・8kmを運営する、道南いさりび鉄道(社長・荒川裕生道副知事)は22日、会社ロゴマークを発表した。海沿いを走る列車の車窓に広がる青い海といさり火を表現。鉄道が「ひと」をつなぎ、地域とともに未来へ力強く伸びていく思いを込めた。

青い海といさり火を表現した

 五稜郭タワーでの新幹線開業1年前イベントで披露した。デザインは同社と公立はこだて未来大、函館デザイン協議会の3者共同で制作。協議会が考案した約60のデザインから、同大大学院の木村健一教授を交えて6つに絞り込んだ後、決定した。

 色合いは海の青と、いさり火のオレンジや赤。函館湾周辺の地形や波、レールの頭文字「R」など、見る人によって多面的な捉え方ができるようデザインした。岡田暁会長は「何度も乗車し、車窓からの景色を見てイメージを膨らませた。さまざまな印象を持ってもらえたら」と話していた。

 道南いさりび鉄道は、株主総会を経て7月から新役員でスタート。8月には本社を函館に移転する。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。