e-特集北海道新幹線

北海道新幹線後志トンネル落合工区の安全祈願祭が開催

2015年11月18日付

18㎞の長大トンネル初弾。全員が気を引き締めた

安全を祈願し関係者がカマを入れた

 北海道新幹線後志トンネル落合工区の安全祈願祭が16日、赤井川村都にある工区起点側の仮設ヤードで開かれた。主催は工事を担当する大成建設・佐藤工業・田中組・堀松建設工業共同体。これまで着工した新幹線トンネルの中で最も札幌に近いトンネルの掘削開始に向け、参加した関係者約80人が無事故無災害を祈願した。

 後志トンネルは延長1万7975mで、うち落合工区は4865m。ことし3月に同共同体が94億9360万円で落札した。本体は12月に着工する。

 神事には、発注者や施行各社の代表者をはじめ関係者らが参加。玉串をささげ、施工中の無事を祈念した。

 この後、鉄道・運輸機構北海道新幹線建設局の金山洋一局長が「新青森―新函館北斗間の開業を来年3月に控える中、後志トンネル着工は身が引き締まる思い」とあいさつ。

 後志総合局の橋本彰人局長、赤井川村の赤松宏村長ら地元関係者も、工事の安全と経済効果への期待を示した。

 施工者を代表し、大成建設の台和彦副社長は「長大トンネルの最初の施工を栄光に感じ、誠心誠意努める」と決意を述べた。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。