e-特集北海道新幹線

北斗市と鉄道・運輸機構が新幹線札幌延伸で大野こ線橋改良を協議

2016年2月9日付

架け換えやアンダーパス化が浮上している

新幹線延伸に向け改良が必要となる大野こ線橋

 北斗市と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は北海道新幹線の札幌延伸に向け、支障となる大野こ線橋の改良を協議している。延伸ルート上の新函館北斗駅西側約450mに位置することから、架け換えやアンダーパス化が改良案に浮上。道路管理者の北斗市は事業期間に7年程度を想定し、2016年度当初予算案に各種調査と構造物予備設計の委託費を計上する方針だ。

 大野こ線橋は、JR函館本線の渡島大野―仁山駅間の単線と市道2路線を越える。線路上がコンクリート床版10・5m、市道部分がボックスカルバートという構成で、幅員は車道6m、路肩各1m、歩道各1・5m、取り付け道路を含めた延長は350m程度。当時の函館土現が1967年に道道として建設し、その後市へ移管し上磯峠下線と渡島大野停線を結ぶ市渡第30号線となった。

 しかし北海道新幹線の札幌延伸ルートがこ線橋南側の取り付け道路と交差するため、改良が必須。市は鉄道・運輸機構と補償工事として協議を進めており、年度内に協定を結ぶ見通しだ。

 新幹線ルートに支障のないこ線橋として架け換える案やアンダーパス化する案を視野に、16年度は現況測量やボーリングによる地質調査と構造物予備設計を進める中で手法を固める。

 市にはこ線橋の設計・施工に関する発注実績がなく、在来線を運行しながらの工事となることもあり、通常の市発注工事と異なる事業実施体制を検討している。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。