e-特集北海道新幹線

函館市が函館駅前広場の花壇整備を桔梗造園グループに決定

2016年2月16日付

春から秋にかけて季節ごとの草花で駅前を彩る

憩いの場を華やかに演出する夏の花壇イメージ

 函館市は、JR函館駅前広場の花壇を整備する「函館駅前花いっぱい業務」で、最適提案者を桔梗造園とNPO法人スプリングボードユニティ21のグループに決めた。春から秋にかけて季節ごとの草花で彩るほか、花壇デザインは毎年変化させる。

 北海道新幹線開業に合わせ、2012年度に設置した駅前広場の花壇の充実を図り、「歩いて楽しい」「何度も訪れたい」空間を創造するもの。18年11月までの委託先をプロポーザルで募った。

 2者が応募し、8日の審査委員会を経て選定。桔梗造園は過去にこの花壇造成を経験し、スプリングボードは函館新道沿線の植栽活動などでノウハウがあり、信頼性と実現性の高さを評価した。

 テーマは「市民と造る華やかな花壇」。暖色系の明るい色を取り入れ、春から秋にかけて華やかさやボリューム感を維持。植栽時期にはガーデニング講座や植え込み体験などを開き、市民を交えながら函館の顔を彩る計画となっている。

 このほか草花に囲まれてゆったりとくつろげるベンチを設置し、夜はライトアップで幻想的な雰囲気を演出。花壇のデザインは波、ブロック、円形と年々変化させる。開花期間は4月から10月中旬までとなる。

 市は、提案内容を基本に協議した後、正式契約する。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第116回は冷たい食べ物。暑い日には 続けてしまいがちです。栄養不足には くれぐれもご注意を。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。