稚内市の廃棄物最終処分場整備・運営は五洋グループに

2017年10月06日 19時03分

 稚内市は、総合評価一般競争で公告した廃棄物最終処分場整備・運営の落札者を、五洋建設・ホクスイ設計コンサル・中外テクノス・協和エクシオ・藤建設のグループに決定した。同グループは入札価格の評価点80点、性能等の評価点91・26点の計171・26点を獲得した。落札金額は税抜き40億5300万円となっている。

 同事業はPFI方式を導入し、施設建設後に所有権を事業者から市へ移転した上で、事業者に維持管理、運営を委ねるBTO方式を採用。事業期間は2018年1月から31年5月まで。このうち、設計施工期間は20年11月までを見込む。供用開始は20年12月を目指しており、運営維持期間は20年12月から30年11月までの10年間を予定する。

 建設地は新光町1789。クローズド型の準好気性埋め立て方式、埋め立て容量は10万9226m³程度を想定している。

 市は、今回の審査結果や審査講評などについて10月中旬に公表することとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (13,637)
複合市街地形成へ 新さっぽろ駅周辺地区計画概要明らかに
2018年06月28日 (2,363)
加森観光がルスツで設備投資拡大 大型商業施設建設も視野
2018年06月26日 (2,080)
千秋庵ビル跡地にホテル、店舗など複合施設を計画
2018年07月11日 (1,700)
旧KKRホテル解体は8月着工 竹中工務店に依頼
2018年07月08日 (1,661)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第139回は「汗は臭くない」。暑い季節、気になるにおいの原因をあなたはご存じでしたか?