稚内市の廃棄物最終処分場整備・運営は五洋グループに

2017年10月06日 19時03分

 稚内市は、総合評価一般競争で公告した廃棄物最終処分場整備・運営の落札者を、五洋建設・ホクスイ設計コンサル・中外テクノス・協和エクシオ・藤建設のグループに決定した。同グループは入札価格の評価点80点、性能等の評価点91・26点の計171・26点を獲得した。落札金額は税抜き40億5300万円となっている。

 同事業はPFI方式を導入し、施設建設後に所有権を事業者から市へ移転した上で、事業者に維持管理、運営を委ねるBTO方式を採用。事業期間は2018年1月から31年5月まで。このうち、設計施工期間は20年11月までを見込む。供用開始は20年12月を目指しており、運営維持期間は20年12月から30年11月までの10年間を予定する。

 建設地は新光町1789。クローズド型の準好気性埋め立て方式、埋め立て容量は10万9226m³程度を想定している。

 市は、今回の審査結果や審査講評などについて10月中旬に公表することとしている。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。