未来を担うワカモノの思い 会沢高圧コンクリート 東大智さん

2018年12月19日 07時00分
未来を担うワカモノの思い 会沢高圧コンクリート 東大智さん

 入社8年目の30歳。開発営業本部・設計チームとアイザワ技術研究所の2つに所属している。設計チームでは、ボックスカルバートやL型擁壁といったコンクリート2次製品の構造計算をし、部材・形状を決めてCADで図面を描く仕事を担当。技術研究所では、コンクリートの3Dプリンターの研究開発に取り組んでいる。


建設業の「魅力」とは 業界・企業の特色アピールが鍵に

2018年12月19日 07時00分

(道東2018取材メモ第4回より)「建設業を魅力ある産業に」というフレーズはことしも取材先で何度となく耳にした。聞く度に思うのは何をもって「魅力」なのかということだ。

関連キーワード: 人材確保

体験学習で工高生に現場の魅力伝える 苫電協青年部

2018年12月18日 07時00分
体験学習で工高生に現場の魅力伝える 苫電協青年部

 苫小牧電気工事業協同組合青年部は、12日から14日までの3日間、苫小牧工高電気科2年生10人のインターンシップに協力した。毎年この時期に実施していて、初の試みとなった電気工事体験実習などを通し、電気工事業の役割や魅力などを肌で感じた。

未来を担うワカモノの思い CESS 大野稚恵さん

2018年12月14日 07時00分
未来を担うワカモノの思い CESS 大野稚恵さん

 建設コンサルタント事業を展開するアイ・ティ・エスのグループ会社・CESS(本社・札幌)に入社して2カ月。現在は街灯照明の点検作業を担っている。損傷がないか危険な状態にないかなどを点検し、調査結果を役所に伝える。「照明は道を歩いていてもあまり見ないと思うけど、実は人のために役立っているものだと思う」と話す。


札幌工高で結束線作業など出前授業 道鉄筋業協組が協力

2018年12月13日 07時00分
札幌工高で結束線作業など出前授業 道鉄筋業協組が協力

 北海道鉄筋業協同組合(熊谷誠一理事長)は12日、札幌工高で出前授業を実施した。建設業のやりがいや達成感などを紹介したほか、生徒は鉄筋に結束線を結ぶ作業を体験した。

web企画
  • 古垣建設
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (5,548)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,793)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,628)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (2,297)
札幌駅前通ビル2棟を一体開発 ヒューリック
2018年11月29日 (2,215)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第149回は「冷え」。その症状は血液の循環、血流不足によって起きます。その対策などをお教えします。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座から

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。全9回

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。全15回