未来を担うワカモノの思い 八代 東清文さん

2019年02月14日 07時00分
未来を担うワカモノの思い 八代 東清文さん

 内装仕上げ工事を手掛ける八代(本社・札幌)に入社して8年目。マンションや病院、ホテルといった現場で日々汗を流す。「建物ができたときにやりがいを感じる」と話す。


札幌工高生がガス圧接体験 道圧接業協組の出前講座で

2019年02月06日 18時00分
札幌工高生がガス圧接体験 道圧接業協組の出前講座で

 北海道圧接業協同組合は1日、札幌工高で出前講座を開き、鉄筋継ぎ手のガス圧接体験を通じ、ものづくりの素晴らしさを伝えた。

関連キーワード: フレッシュ 人材育成

未来を担うワカモノの思い 東星渡部建設 伊藤佑哉さん

2019年02月04日 07時00分
未来を担うワカモノの思い 東星渡部建設 伊藤佑哉さん

 東星渡部建設(本社・弟子屈)に入社して2年目。河川の現場で測量業務に励んでいる。「間違えないよう何度も確認する」。寒さに負けず、懸命に作業に当たっている。


札幌工高の土木科3年生チームが「環境奉仕大賞」に輝く

2019年02月01日 07時00分
札幌工高の土木科3年生チームが「環境奉仕大賞」に輝く

 1月25日に室蘭市内で開かれた第37回北海道高等学校工業クラブ大会の課題研究発表大会の部で、札幌工高土木科3年生10人のチームが環境の保全・資源のリサイクル、ボランティアなど地域社会への貢献が認められ、『環境奉仕大賞』に輝いた。高校生活最後の全道大会。生徒たちは「率直にうれしかった」と、受賞の喜びを分かち合うとともに、関係者に感謝した。

関連キーワード: フレッシュ 学校

日本都市設計がモンゴルからの実習生を2週間受け入れ

2019年01月26日 18時00分
日本都市設計がモンゴルからの実習生を2週間受け入れ

 建築設計・総合コンサルタントの日本都市設計(本社・札幌)は、15日から2週間の日程でモンゴル建築士協会の実習生1人をインターンシップとして受け入れている。武部幸紀社長は、実習生が北海道での生活環境に順応し、同社で働きたいとの希望があれば「正社員として採用し、技術者として働いてもらう」との考えを披露。将来は本人次第と前置きした上で、「当社で働き続けてもいいし、ウランバートルに帰って独立するのもいい。また、モンゴルという国自体が建築の法整備が日本ほど整っていないので、法律の整備といった国の発展に携わる技術者になってもいいのでは」と期待を寄せている。

web企画
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,137)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,354)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,540)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,301)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,074)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。