行政・予算

札幌市、清田区民センターを早期移転

2022年09月29日 19時16分

 札幌市の吉岡亨副市長は29日の第3回市議会定例会代表質問で、地域住民から区役所周辺への移転要望が出ている清田区民センターに関し、利便性向上や交流人口増加へ早期の移転を目指す方針を示した。今後、区役所周辺への新設を含めて具体的な検討に入る考え。竹内孝代氏(公明党)に対する答弁。

旭川の旭橋に路面電車軌道 90年前の枕木やレール跡発見

2022年09月29日 08時00分
旭川の旭橋に路面電車軌道 90年前の枕木やレール跡発見

 旭川を代表する土木構造物である旭橋の橋梁長寿命化工事で、路面電車の軌道跡が発見された。施工業者の荒井建設(本社・旭川)がアスファルトを切削したところ、下層のコンクリート部分に90年前の枕木やレールの痕跡が埋まっていることが分かった。管理者の旭川開建では市民向け見学会を10月1日に計画するなど、貴重な産業遺構としての側面を発信する考えだ。

関連キーワード: 上川 歴史的建造物

【速報】道の「ゼロカーボン・チャレンジャー」登録 建設関連事業者が139件と約9割占める

2022年09月28日 18時01分

北見など1市4町が内閣府広域連携SDGsモデルに

2022年09月28日 17時00分

 内閣府の広域連携SDGsモデル事業で、北見地域定住自立圏を形成する北見、美幌、津別、訓子府、置戸の1市4町の提案が選定された。福祉分野で連携した取り組みを加速させる。「地方圏において誰もが住み慣れた地域で暮らし続けられる仕組みプロジェクト」の名称で、地域福祉を担う人材不足や物理的な距離が遠いなどの課題に対応する。広域連携によるスケールメリットを生かした住民への福祉サービス提供体制の構築や障害者就労を進め、誰もが住み慣れた地域で暮らし続けられる仕組みづくりを目指す。

関連キーワード: オホーツク 福祉

施設新築に60億―70億円 市が北広島駅西口B工区計画案

2022年09月27日 19時40分
施設新築に60億―70億円 市が北広島駅西口B工区計画案

 北広島市はJR北広島駅西口周辺の再整備で27日、同エリアB工区の個別事業計画案を明らかにした。日本エスコン(本社・東京)が全体整備を担い、居住交流施設新築と北広公園の一部整備は2023―25年度で施工する。施設新築の事業費は60億―70億円。23年度は合わせて、市と日本エスコンが北広公園の追加整備や完成後の活用などソフト面の検討にも着手する。

関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,467)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,104)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,546)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,299)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,079)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。