行政・予算

旧日本郵船小樽支店改修事業費を2.6億円増額 小樽市

2020年02月16日 10時00分

 小樽市は、重要文化財旧日本郵船小樽支店[MAP↗]大規模改修に設定していた継続費の年割り額と期間を変更する。総事業費は2億5880万円増の8億6346万8000円、事業期間は2年延長して2018―23年度とした。工期は変わらず36カ月。7月上旬に着工したい考えだ。

関連キーワード: 後志 歴史的建造物 耐震

旭川市が旭川大の公立化を表明 22年度開学目指す

2020年02月07日 14時00分

 私立旭川大の公立化を検討してきた西川将人旭川市長は6日、公立化を目指す考えを正式表明した。2022年度の開学、24年度の新学部設置を予定している。

関連キーワード: 上川 学校

深川留萌道全線開通 3月26日に記念イベント開催へ

2020年02月06日 13時00分

 深川留萌自動車道全線開通をきっかけに、地域づくりの機運を高めよう―。留萌管内8市町村や留萌商工会議所、留萌建設協会などで組織する留萌地域パワーアップイベント実行委員会は、3月26日に留萌市民文化センター[MAP↗]で全線開通記念イベントを開く。申し込み不要で参加費無料。座席828席を用意する。

関連キーワード: 地域振興 道路

温泉熱の有効活用 定山渓万世閣ホテルミリオーネで

2020年02月05日 08時00分
温泉熱の有効活用 定山渓万世閣ホテルミリオーネで

 地域固有の熱源を活用することで光熱費と二酸化炭素排出量を削減し、地域のイメージ向上につながる温泉熱が注目を浴びている。環境省が2019年3月に「温泉熱有効活用に関するガイドライン」を示したことで取り組みが拡大。道内では定山渓万世閣ホテルミリオーネ[MAP↗]が、温泉熱を利用した省エネルギーシステムを導入し、削減効果を上げている。温泉熱有効活用の現状と課題を見る。

関連キーワード: エネルギー さっぽろ圏 観光

一般会計が過去最大を更新 札幌市の20年度予算案

2020年02月04日 15時00分
一般会計が過去最大を更新 札幌市の20年度予算案

 札幌市は3日、総額1兆6708億9400万円に上る2020年度予算案を発表した。一般会計は前年度比(肉付け補正後)0.7%増の1兆295億円で過去最大を更新した。経済対策で一体運用する19年度補正予算案178億円を同時編成。これを加えた「15カ月予算」の一般会計は1.8%増の1兆472億円となる。都市強靱(きょうじん)化、再開発による魅力向上などを盛り込む15カ月の建設事業費は一般会計で7.7%増の1179億円、特別、企業会計を含む総額で8.7%増の1764億円を計上した。(詳細は8面に)

関連キーワード: さっぽろ圏 予算

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,882)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,685)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,634)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,888)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,746)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。