コラム「透視図」

WHO独立委が武漢コロナで中間報告

2021年01月21日 09時00分

 当欄で新型コロナウイルスに初めて触れたのがちょうど1年前のきょうだった。中国の武漢市で発症者が相次いでいるとして、すぐに始まる春節長期休暇で中国人が日本へ大挙して訪れることに懸念を示す内容である

 ▼とはいえ「感染力は弱く、重篤になるのもまれ」と楽観していたところをみると、当時はそれくらいの認識しかなかったのだろう。まさか1年後に世界がひっくり返るような事態になっていようとは。次第に明らかになってきたのは中国がおととし12月の初期段階で、ウイルスの発生を隠蔽(いんぺい)しようとした疑惑である。ところが中国は頑としてそれを認めない。1年たってようやく一つの答えが出たようだ

 ▼14日に初めて武漢に入った世界保健機関(WHO)の独立調査委員会が18日に中間報告を発表。中国の初動対応に遅れがあったと厳しく指摘したのである。中国はなんやかやと理由を付け、独立委の現地入りを長らく拒み続けていた。よほど知られたくない事実があったとみえる。独立委はWHOが1月30日まで緊急事態宣言を出さなかった点にも疑問を呈した。テドロス事務局長はその数日前に訪中。習近平国家主席と会い、対策を称賛している。テドロス氏は中国に特別な配慮はしていないと言うが、さて

 ▼結局、感染拡大防止に最も重要な最初の2カ月を無駄にしたわけだ。ゴールキーパーもディフェンダーも置かず、ウイルスが次々とシュートを決めるのをただ見ていたようなもの。それから1年、入り口でつまずいたばかりに世界はいまだ出口を見つけられずにいる。


文在寅韓国大統領の変心

2021年01月20日 09時00分

 落語の「饅頭怖い」はよくご存じだろう。仲間が集まり何が一番怖いかを話し合っているとき、普段は兄貴風を吹かせている松が言いにくそうに「実は饅頭が怖い」と打ち明ける噺である

 ▼みんな面白がっていろいろなまんじゅうの名前を次々と上げ、松をからかう。そのうち松は気持ちが悪くなってきたからと横になってしまうのだが、みんな悪乗りして本物を枕の横に積み上げた。松はそれをうまそうに平らげる。だまされたと気付いた時にはもう遅い。いいように遊ばれ、利用されていたのである。その松といささかダブって見えるのが最近の文在寅韓国大統領だ。18日の新年記者会見での様子が日本に対するいつもの強硬姿勢とはだいぶ違っていた

 ▼元徴用工(旧朝鮮半島出身労働者)訴訟の判決に従い日本企業の資産を強制執行で現金化するのは「韓日関係にとって望ましくない」と発言。さらに元慰安婦に対し日本政府に損害賠償を命じた8日の判決についても「正直困惑している」と語ったのである。額面通り受け取りたいが、「饅頭怖い」のようで警戒心が先に立つ。これまで元徴用工訴訟については「司法を尊重」と知らぬふりをし、慰安婦問題では2015年の日韓合意をないがしろにしてきたのが文大統領である。問題は自国の司法にあるのに、「韓日で解決策を模索したい」と言うことからしておかしい

 ▼先の落語で松は本当に怖い物は何かと問われこう答えた。「それなら熱くて渋い茶が一杯怖い」。文大統領も何か自分の得になることを狙っていると思われても仕方ないのでないか。


通常国会始まる

2021年01月19日 09時00分

 鎌倉、南北朝期の随筆家で歌人の吉田兼好は歯に衣着せぬ人物だったらしい。代表的著作『徒然草』のこの一節に覚えのある人も多いのでないか。「万の事は頼むべからず。愚かなる人は、ふかくものを頼むゆえに怨み怒る事あり」

 ▼つまり、何でもかんでも他に頼ろうとするな。愚か者は依頼心が強すぎるあまり勝手に裏切られた気になり恨んだり怒ったりする、というのである。なかなか手厳しい。痛い所を突く。愚か者かどうかは別にして、人とはそういうものだろう。解決すべき問題があるのに自分ではどうしていいか分からなくなったとき、頼りにしていた相手に批判の矛先を向けがちだ。今月の各社世論調査を見て、その思いを新たにした

 ▼菅内閣の支持率が軒並み落ちているのである。18日発表の読売新聞が支持39%、不支持49%、13日のNHKがそれぞれ40%、41%、10日の共同通信が41.3%、42.8%。いずれも先月調査と支持、不支持が逆転した。頼りにしていたのに…、といったところか。確かに政府のコロナ対応には非難されても仕方ない部分はある。ただ現在も日本は欧米主要先進国より感染者も死者も格段に少ない。野党やマスコミはいたずらに政府批判をあおりすぎてはいないか

 ▼民主党の菅直人内閣が東日本大震災後、自社さ連立の村山富市内閣も阪神淡路大震災後、支持率を著しく下げたのを思い出す。前例のない事態に対処するのは難しい。今は全ての面で分断より協力が必要なときである。国会がきのう始まった。一丸となって立ち向かう機運は醸成されるのだろうか。


末の松山 波越さじとは

2021年01月18日 09時00分

 子どものころに百人一首で遊んだことがある、という人は多いのでないか。当方もその一人である。歌の意味は分からなくとも、音の響きと筆文字の形を覚えてしまえば、あとは普通のかるたのように楽しめるのだ

 ▼その中に清少納言の父清原元輔の歌があった。「契りきな かたみに袖を しぼりつつ 末の松山 波越さじとは」。今の言葉にすると、「二人で泣きながら永遠の愛を誓った」といったところだろう。言わずと知れた恋歌だが、注目したいのは「末の松山 波越さじとは」の部分。末の松山とは宮城県多賀城市の海岸近くにある丘陵地で、どんな大きな津波が来ても水に漬からない所とされていた。永遠の愛を語りながら自然災害に対する知恵も織り込んでいたのである

 ▼詠まれたのは951年。やはり東北地方太平洋側で大津波が発生し、大きな被害が出た869年の貞観地震が歌の背景にあったとみられている。平安時代も人々が自然災害を身近に感じていたことを示す貴重な証拠といえよう。さらに遡り、文字も何もない縄文時代あたりになるともう自然災害の歴史を知るすべはないのだろうか。そんなことはない。考古学がその仕事に当たっている

 ▼『北海道の防災考古学~遺跡の発掘から見えてくる天災』(みつ印刷)に教えられた。発掘調査で明らかになった大昔の地震や津波、洪水の痕跡をまとめた労作である。天災は繰り返す。できるだけ古くからの歴史を押さえておくに越したことはない。危険な場所が特定されると、安全な「末の松山」もおのずから浮かび上がってこよう。


津軽海峡トンネル

2021年01月15日 09時00分

 日本が主導して建設した太平洋横断海底トンネルは、米国のシアトルと東京、中国の上海を結ぶ。といっても現実の話でなく、中国人SF作家ケン・リュウが描いた架空の建設小史である。短編集『紙の動物園』(早川書房)に収められていた

 ▼世界恐慌から立ち直るため1929年に着工し、10年かけて完成。圧縮空気で輸送カプセルを動かすシステムで、全世界のコンテナ輸送の30%以上を担っているとの設定だ。当時、米国―日本間は船旅で片道2週間程度かかっていたが、このトンネルの開通でわずか2日に短縮された。移動が楽になったため観光需要も増大し、経済効果は全体として膨大な規模に。夢物語とはいえ一つの思考実験として興味深く読んだ

 ▼本紙12日付1面「津軽海峡トンネルを構想」の記事を見て、その作品を思い出した。日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)が公表した計画だという。函館―青森間が車で2時間半。経済効果は年間で878億円とこちらもなかなかのものである。現在の青函トンネルを新幹線専用とし、新たに片側1車線の自動車道と貨物輸送の単線鉄道で二層化したトンネルを造る。自動車道が自動運転車専用というのも心憎い。それなら安全かつ安心だろう

 ▼JAPICはこの構想を青森や北海道のためでなく、日本のためのプロジェクトと位置付けているそうだ。気候変動が進むと、食料基地としての本道の役割はますます重要性を増す。大規模自然災害発生時を想定すると、安定した物流経路の確保はぜひとも必要である。夢物語で終わらせたくない。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • オノデラ
  • web企画
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (12.5k)
自動運転車と鉄道を併用 第二青函トンネルJAPIC...
2020年11月05日 (3.9k)
20年度内開通へ急ピッチ 函館新外環状道路空港道路...
2020年11月21日 (1.9k)
コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発(下)可能...
2021年01月06日 (1.5k)
難工事克服し10年 国道40号「音中トンネル」貫通...
2020年12月04日 (1.4k)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第199回は「ワクチン」。ウイルスの増殖を抑え、感染の連鎖を断ち切るのが役割です。

連載 本間純子
いつもの暮らし便
new

本間純子 いつもの暮らし便
第4回「ピクチャーウインドーの『冬の風景展』」殺風景に見える雪の景色も、注意して見れば様々な色彩に溢れています。

連載 コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発

コロナに揺れるニセコ 試練のリゾート開発
新型コロナウイルスが世界経済に深刻な打撃を与えた2020年。道内屈指の国際リゾート地・ニセコで進む開発プロジェクトの現状を追った。