コラム「透視図」

ふるさと

2018年04月20日 07時00分

 最近あったことは忘れても、幼いころに覚えた歌は幾つになっても忘れない。多くの人が実感していることだろう。童謡がいい例である。歌詞を見れば不思議と自然に頭の中でメロディーが流れ出す

 ▼「故郷(ふるさと)」はその最たる例ではないか。以下は2番の歌詞なのだが、わざわざ思い出す努力もいらないはず。「いかにいます/父母/つつがなしや/友がき/雨に風に/つけても/思い出ずる/ふるさと」。北朝鮮拉致被害者たちも他人には聞かれぬよう注意しながらも、折に触れ静かに口ずさんでいるかもしれない。どれだけ帰国を切望し、助けを待ちかねていることだろう。今度の動きが被害者救出の決定打になるといいのだが

 ▼米フロリダ州パームビーチで行われた安倍首相とトランプ大統領の首脳会談。首相が席上、早ければ来月開かれる米朝首脳会談で日本人拉致問題を取り上げるよう求めたのに対し、大統領が提起を確約したのである。事有るごとに拉致の非人道性を訴え続けた成果が出た。北朝鮮の真意はいまだ見えないものの、金正恩委員長が表面上、こわもてから穏健へと対外姿勢を変えているのは確かなようだ。ならば日米同盟の強い連携を生かし、このチャンスに賭けてみない手はない

 ▼北朝鮮に捕らわれている被害者本人たちも歳を重ね、日本で待つ家族らも既にかなりの高齢だ。時間はほとんど残されていないのである。拉致被害者全員が無事日本に帰り、誰はばかることなく大きな声で「山はあおき/ふるさと/水は清き/ふるさと」と歌える日が一日も早く来るといい。


14年目の解決

2018年04月19日 07時00分

 あだ討ちが認められていた時代には、何十年も敵を探して諸国を旅する人が多くいたらしい。菊池寛が短編「仇討三態」で、そんな人物の遍歴の一部をこう描写していた

 ▼「江戸へ引っ返すと碓氷峠を越えて信濃を経て、北陸路に出て、金沢百万石の城下にも足を止めてみた。が、その旅も空しい辛苦だった。近江から京へ上ったのが、元禄九年の冬の初めである。国を出てから、十四年の月日が空しく流れていた」。今の世にあだ討ちは認められていないが、事件を担当した広島県警の捜査員も家族や友人らも、それと似た気持ちで憎むべき犯人を追い続けた辛苦の14年だったろう。広島県廿日市市で2004年、当時高校2年の北口聡美さんが自宅で刺殺された事件のことである

 ▼県警は先週、鹿嶋学容疑者を逮捕した。容疑を認めているという。部屋から犯行で使用したナイフも見つかった。山口県宇部市で会社員として普通の生活をしていたらしい。その心中は計りかねるが卑劣であることに変わりはない。鹿嶋容疑者は当時、通りすがりに北口さんを偶然見掛け、後をつけて家に上がり込んだと供述しているそうだ。わざわざ宇部から廿日市まで行き、しかもナイフまで所持していたというから果たして犯行は思い付きだったのかどうか

 ▼今回の逮捕のきっかけは、別件で取り調べを受けた際に採られた指紋が当時現場に残されていた指紋と一致したこと。他県の小さな事件の指紋まで照合していたのだ。必ず犯人を見つけ北口さんの無念を晴らすという、捜査関係者の執念が実を結んだのではないか。


真実はどこに

2018年04月18日 07時00分

 「真実」と「偽り」が別の道を歩むことになったのには訳があるという。ギリシャ民話はそのいきさつをこう教える

 ▼ある日「偽り」が「真実」を食堂に誘った。「偽り」はたらふく食べた後、給仕を呼び「1時間前に金貨を渡したのに釣りをもらってない」と苦情。もちろんうそである。支配人が来て給仕に確認するが当然「金貨は払われてない」。怒鳴り散らす「偽り」に困り支配人はついに釣りを渡してしまう。店から出た「偽り」は笑って言ったそうだ。「うまくいったろ」。それを聞いた「真実」はあきれ、「君の生き方は認められない」。以来、たもとを分かったという。ところでこの件、支配人の対応に疑問が湧くとはいえ、当事者も目撃者もそろっているため事実を明らかにするのはさほど難しくない

 ▼ではこちらはどうか。複数の女性記者にセクハラ発言をしていたとされる財務省の福田淳一事務次官のことである。週刊新潮が現場での生々しいやりとりとともに福田次官の下品な言動を報じた。事実なら恥ずべき行為で責任は免れまい。ただ福田次官は16日、報道を否定。新潮を名誉棄損で訴える姿勢を示した。どちらかが「偽り」のはずだが、さて

 ▼対応に苦慮した財務省は女性記者に調査への協力を要請した。これに協力する義理はないが名乗りを上げずとも他の弁護士を通すなど信頼に足る被害者本人の説明は必要だろう。伝聞だけで罪にするなら人民裁判と同じ。それは法治国家にそぐわない。先の民話でも「真実」の証言があれば、「偽り」をその場で警察に突き出せたのである。


松山刑務所脱走事件

2018年04月17日 07時00分

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から脱走した平尾龍磨受刑者(27)の行方がようとして知れない。きょうでもう10日になる

 ▼潜伏しているとみられる広島県尾道市の向島では車や食料品、衣類の窃盗が相次いでいるという。住民の不安と恐怖はいかばかりか。これではおちおち出歩くこともできまい。愛媛、広島両県警は連日、大規模捜索を続けているが発見には至っていない。一体どこに隠れているのか。懸命に山狩りをする捜査員たちのニュースを見て、昔読んだ小説の記憶がよみがえった。実際にあった事件を素材に書かれた吉村昭の小説『破獄』(新潮文庫)である。犯人は脱獄の常習者。網走刑務所を逃げ出したときには、砂川で逮捕されるまで実に2年を要した

 ▼どうしてそれだけ長く追っ手をかわすことができたのか。最初は山を転々とし、寒くなると地熱で暖かい廃鉱に潜んだ。食料や衣類は怪しまれない程度に少しずつ盗んだらしい。つまり逃げるために必死に頭を働かせたのである。このとき捜索を阻んだのは本道の広大さと厳しい冬だった。今回の向島で捜査員の前に立ちはだかるのは島の大部分を占める山林と相当な数の空き家だという。許可なく立ち入れないため事前の調査にも人手がとられているそうだ。難しさもあろうが逃走に手を貸すようなこの事態はどうにかならないか

 ▼ここで逃がしては犯罪者が野放しになる。今はおとなしくしていても、逃げ続けるために必ず犯罪を繰り返そう。このコラムが載るきょうにはそれが杞憂(きゆう)になっているといいのだが。


ゴルゴ13と外務省

2018年04月16日 07時00分

 すご腕のスナイパー・デューク東郷の活躍を描いた劇画『ゴルゴ13』(さいとう・たかを、リイド社)を読んだことのない男性はいないだろう。今も連載が続く『ビッグコミック』(小学館)を毎回楽しみにしている人も多いのでないか

 ▼依頼先の善悪は問わず条件さえ合えば狙撃を請け負ういわばアウトローだが、不可能と思われる案件を超人的な技量と知略で切り抜け完遂する格好よさに世の男性たちはしびれる。そのゴルゴ13ことデューク東郷に今度は日本の外務省から依頼が舞い込んだ。いや、これ本当の話。両者が「中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」の普及に向け、コラボレーション(協働)することで合意したのである

 ▼マニュアルが必要になった背景には、日系企業の海外拠点が現在7万カ所と10年で倍増した事情があるという。この間、テロは欧米やアジア地域に拡散し、世界各地で事故や災害も頻発。ところが中堅・中小企業は自前の情報収集力が弱く、十分な安全対策もとれない。そこで外務省は在留邦人の指南役としてゴルゴ13を世界各国へ派遣することにしたそうだ。任務の様子は同省の海外安全HPに置かれた13話の動画と劇画で見ることができる。その仕事ぶりは相変わらず迫力があって怖いくらい

 ▼動画では声優としてゴルゴ13に俳優の舘ひろし氏、外務大臣に河野太郎氏本人を起用。なかなかの力の入れようだ。ゴルゴ13の厳しい指導で自分の身は自分で守る基本が身に付くというから、仕事でも遊びでも海外に行く機会のある人は参考にしてみてはいかがだろう。


1 / 11212345...10...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (2,798)
函館駅前、札幌駅前通沿いなどで大型プロジェクト続々着工
2018年04月05日 (2,534)
3開建で部長交代 4月人事で国交省と開発局
2018年03月29日 (2,236)
札幌駅北口8・1地区 複合ビル延べ12万m²建設
2018年03月05日 (2,092)
日ハムBP、北広島に 23年開業へ準備会社設立
2018年03月26日 (1,766)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第133回は「年齢とお酒」。年を取 るとお酒に弱くなるのは、血流や細 胞が減って、肝機能が低下すること が原因です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。