コラム「透視図」

また覚せい剤

2020年02月18日 09時00分

 波乱万丈の人生を歩んだ文学者太宰治には、パビナールという麻薬性鎮痛剤の依存症に苦しめられていた時期もあった。その経験を反映させたものだろう。『人間失格』にモルヒネを使う場面がある

 ▼自分で腕に注射すると「不安も、焦燥も、はにかみも、綺麗に除去せられ、自分は甚だ陽気な能弁家になるのでした」。しかも疲れを感じず、仕事にも精が出て、普段考え付かないようなアイデアも出たりするという。主人公の男は節度を持って薬を使えると思っていたらしい。ところが1日1本が次第に2本になり、4本になり。禁断症状もひどく、ついにそれなしでは生活ができなくなってしまう。こうなるともう自分を抑えることもできない

 ▼シンガーソングライターの槙原敬之容疑者(50)が先週、覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された。1999年にもやはり同法違反で逮捕され、有罪判決を受けている。あれから21年もたっているのに、自分を抑えられるまでには至っていなかったということか。警察庁組織犯罪対策企画課がまとめた19年の情勢によると、覚せい剤再犯者率は全年代平均の66.1%に対し、40―49歳が71.8%、50歳以上が82.6%と高い。年齢が上がるほど依存から抜け出すのが難しくなるようだ。槙原容疑者もその例に漏れない

 ▼先の小説でモルヒネを使うきっかけは、薬局の奥さんが親切でくれた注射液だった。「酒よりは、害にならぬと奥さんも言い、自分もそれを信じて」、気軽に始めたのである。甘い言葉に誘われ、安易に手を出してはいけない。どんなときも。


給食にズワイガニ

2020年02月17日 09時00分

 とつとつと語るように歌う千昌夫さんの『味噌汁の詩』(中山大三郎作詞作曲)が好きな人は多いのでないか。間に挟まる「金髪?き…金髪だけはいいんじゃないべかねえ」のせりふが印象的だった

 ▼中にこんな一節もある。「日本人なら忘れちゃこまる 生まれ故郷と味噌汁を」。ふるさとを出て16年の男が冬のしばれた日に温かいみそ汁を飲んで、育った町と「おふくろ」を思い出し望郷の念に駆られるのである。誰にでもおふくろの味があろう。人によりそれは卵焼きだったりカレーライスだったり。子羊の香草焼きだったという人だっているかもしれない。その味はまた同時にふるさとの記憶を呼び覚ます。食べ物とは実に不思議な働きをするものである

 ▼鳥取県岩美町の中学校で先週、給食に地元特産の「若松葉がに」が出たそうだ。漁港で水揚げされたばかりの新鮮なズワイガニらしい。地元の味も、おふくろの味と似たところがある。その土地の食文化として生活と密接に結びついているからだろう。カニは毎年この時期、卒業する3年生に地元の漁業団体が無料で提供しているのだという。ことしも一人一匹、100人分が届けられた。ニュースで映像を見たが、なかなか食べごたえがありそうな見事な体格である。あれは生徒たちの思い出に残るに違いない

 ▼これだけ豪華なのは珍しいものの、多くの学校給食でこうした「郷土食」が供されている。岩美の子どもたちは就職などで地元を離れたとしても、ズワイガニを見るたびこの給食とともにふるさとを思い出すのだろう。みそ汁のように。


中国のくしゃみ

2020年02月14日 09時00分

 戦後長い間、日本経済が米国の対日政策や景気に大きく左右されてきたのはご存じの通り。占領下にあるときはもちろんのこと、独立を回復してからも構造改革や規制緩和、米国産品の輸入拡大といった要求に応じ続けてきた

 ▼米国の経済が停滞するときは、やはり共に沈んだ。まさに一心同体である。そんな日米関係を表すのに当時はこんな言葉が使われていた。「アメリカがくしゃみをすれば日本が風邪を引く」。近頃は情勢が変わりそんなことも少なくなったが、グローバル経済は日本をそのまま放っておくほど甘くはない。すぐに米国の代わりをよこした。最近は「中国がくしゃみをすれば日本が風邪を引く」である。今回の新型肺炎騒動では、あらためてその現実を見せつけられた

 ▼感染拡大で生活や産業に深刻な停滞が生じている中国のあおりを受け、国内中小企業の事業活動にかなり支障が出ているという。支援のため政府が緊急対策に乗り出すそうだ。ウイルスへの対処だけでは十分でないらしい。最新の統計(2018年)を見ると対中国輸出は15兆9000億円、輸入は19兆1900億円でどちらも国別1位。訪日中国人観光客も959万人で断トツである。「さっぽろ雪まつり」もことしの人出は少なかったが、京都や奈良も閑古鳥が鳴いていると聞く。部品製造を中国に頼る企業も困り果てていよう

 ▼しかし中国のくしゃみでここまで「風邪」が悪化する日本の産業構造もいかがなものか。騒動が一段落したら、日本はこの病気がぶり返さないよう体質改善と予防に取り組んだ方がいい。


国の信用

2020年02月13日 09時00分

 皆さんはどんなクレジットカードをお持ちだろう。最高ランクとされる「ブラック」の人はさすがにほとんどいなかろうが、「ゴールド」や「プラチナ」を普段使いにしている人は多いのでないか

 ▼色の違いは何かといえば、分かりやすいのは利用限度額である。一例だが一般が50万円までなのに対し、ゴールドは150万円、プラチナは300万円といった具合。ブラックともなると、一律の上限設定はないという。ただし誰もが上位カードを手にできるものでもない。条件を満たさねば発行は断られる。裏付けとなるのは支払い能力。つまりクレジットを意味する信用である。たくさん借りられる人は、それだけ信用も大きいというわけだ

 ▼毎年この報に触れるたびそのことを思い出す。財務省は10日、2019年12月末時点で「国の借金が1110兆7807億円となり過去最大を更新」と発表した。これも視点を変えれば、日本は1110兆円を超える借金ができるくらい信用されているということである。他の国でこれだけ借金があれば財政破綻、またはひどいインフレに陥っていよう。そうならないのは国に相応の資産があるからだ。ところが財務省はいつも資産の方は伏せて、借金のみを発表するのである

 ▼同じ10日、国際通貨基金(IMF)が日本に「財政悪化が深刻になるため30年までに消費税を15%に引き上げ」るよう提言した。IMFは財務省の出先ともいわれる。絶妙な連携プレーでないか。税収を上げて省益を拡大することには熱心だが、信用を創造することには関心がないとみえる。


ゲーム依存症

2020年02月12日 09時00分

 テレビばかり見てるとばかになるからいいかげんやめなさい―。子どものころ、親にそう言われた人は多いのでないか。当方も毎日のように叱られていた一人である。それでもかじりついていると突然スイッチを切られたりして

 ▼何せ、ザ・ドリフターズの『8時だョ!全員集合』や「欽ちゃん」こと萩本欽一さんの全盛期で、歌番組も豊富。その上、特撮ドラマやアニメもあるとなれば画面から目を離す方が難しい。今も普通に社会生活を送れているところをみると、幸いにして親の予言は外れたようだ。当時は世間でもテレビの弊害がかなり声高に叫ばれていて、子どもに見せるのは平日1時間、休日3時間などと制限する家庭や学校も少なくなかった。どれだけ効果があったかは疑問だが

 ▼香川県が現在、子どものネットゲーム時間に制限を設ける条例の制定を検討していると聞き、昔日の経験を思い出した次第。県議が超党派の議員連盟を結成して強く推進し、ことし4月1日の施行を目指しているそうだ。名称を「香川県ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」という。過剰な利用で依存症になると親子の信頼関係形成が阻害され、社会参加への意欲も失われる問題を指摘。それを防ぐための学校や保護者、行政、事業者の責務を定める

 ▼趣旨はもっともだろう。「ゲーム障害」は今や世界保健機関も危惧するところだ。ただ、かつてテレビっ子で今テレビ依存症の人はまずいない。条例で時間まで決めて上から押さえつけるやり方が妥当なのかどうか。親の目を盗んで見ていたあのころが懐かしい。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 日本仮設
  • 川崎建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

仏アクサ 札幌・ヤマハセンター跡地に高級ホテル
2020年01月23日 (2,886)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,673)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,636)
深川留萌道、3月28日に全線開通 延長49㌔供用へ
2020年01月24日 (1,890)
新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (1,752)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第177回は「感染防止」。接触感染を 防ぐには正しい手洗いを。睡眠と栄養 補給で免疫力低下の防止も重要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。