製品・技術

卸価格が上昇 ガソリン価格再び上げ局面に

2018年09月25日 07時00分

 石油製品の価格が堅調に推移している。2018年8月の道内ガソリン価格は、お盆期間中の帰省客などを狙った販売競争もあってジリ安で推移したが、9月は卸価格が上昇に転じたことから、再び上げ局面を迎えている。軽油も同様の展開。夜半から早朝にかけての冷え込みとともに商戦が見えてきた灯油は、18日現在で店頭販売は1㍑当たり95・7円、配達は97・3円が平均価格となっている。

関連キーワード: エネルギー

路面電車新型低床車両をきょう一般公開 札幌市交通局 

2018年09月01日 07時00分
路面電車新型低床車両をきょう一般公開 札幌市交通局 

 札幌市交通局は30日、10月上旬に運行開始予定の路面電車新型低床車両(1100形)の報道機関向け内覧会を開いた。段差や傾斜が解消され、通路に広さを持たせるなど利便性が向上した内部を披露した。

関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

PC部材品質で道内初のH認定取得 三晄プレコン千歳工場

2018年08月30日 13時00分
PC部材品質で道内初のH認定取得 三晄プレコン千歳工場

 旭ダンケ(本社・旭川)のグループ会社である三晄プレコンシステム千歳工場は、プレハブ建築協会が制定するPC部材品質認定で、道内初となるH認定を取得した。本州を中心に超高層化が進むビルやマンションなどに必要とされる、高強度プレキャストコンクリートを製造できる工場として、お墨付きをもらったこととなる。最大100ニュートン(以下N、1平方㍉当たり)の強度まで対応。現場の人手不足が叫ばれる中、打開策の一つとなるコンクリートのプレキャスト(工場製作)化を一層浸透させたい考えだ。

関連キーワード: 建築

ミズノと共同で道内初のワークウェア制作 小鍛冶組

2018年08月29日 07時00分
ミズノと共同で道内初のワークウェア制作 小鍛冶組

 とび・土工を中心に手掛けている小鍛冶組(本社・札幌)は、総合スポーツメーカーのミズノと共同でユニホーム(作業服)を製作した。収縮性や消臭性に優れた素材を使用。併せて、インナーのポロシャツや安全靴も作った。ミズノ北海道営業所によると、「道内でスポーツ以外のユニホームを製作するのは、今回が初めて」という。

定山渓ダムのリムトンネルで日本酒貯蔵実験スタート

2018年08月25日 17時00分
定山渓ダムのリムトンネルで日本酒貯蔵実験スタート

 札幌開建が所管する定山渓ダムの作業用トンネルで、日本酒などの熟成効果を検証するための貯蔵実験が始まった。日本酒の貯蔵は北海道開発局のダムとしては初めての試み。22日、日本酒やワイン200本を運び込んだ。

関連キーワード: 新技術 開発局
1 / 1812345...10...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 北海道認定リサイクル製品
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,711)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,129)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,518)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。