BP構想実現へ北広島市が専門部署を設置

2018年05月15日 19時00分

 北海道日本ハムファイターズのボールパーク(BP)構想実現のための北広島市の専門部署「BP推進室」の室長に1日付で就いた川村裕樹企画財政部長。1年以上にわたる球団との実務者協議を引っ張り、候補地内定にこぎ着けたが「BPはいろいろあるまちの魅力の一つ」とのスタンスを保つ。一方、直接的な価値以外の効果も見越し、BPをまちの将来にどう活用できるか策を練る。

 球団は2023年3月の開幕に合わせた開業を目指し、20年5月の着工を予定する。前例のない大プロジェクトである上、JR北海道や道、国との協議を進めながらのタイトなスケジュールをこなすため専門部署を設置。7月1日にはBP推進課とBP施設課に分課する。

BPの可能性を語る川村室長

 川村室長は「30代の主査以下が多い。専門知識があり、将来までBPに関われる若手を集めた」と説明する。

 北広島はスポーツを核にしたまちづくりだけではなく、工業団地や閑静な住宅街など多様な顔がある。BPにのみ依存し「民間の景気に左右されるまちは危険」との認識を持ち、あくまで一要素として位置付ける。

 BPができても「娯楽施設が来てにぎわいができました、では駄目」と指摘。BP効果をまち全体に波及させるため、都市計画マスタープラン策定や総合計画改定にBPを組み込み、幅広い施策に絡める必要がある。

 雇用や税収など直接的価値はもちろん、健康寿命が延びる高齢者の外出対策といった、これまで「人を雇いお金をかけて対策していた分野が、お金をかけないで進められる」との期待も抱く。

 高齢者から「BPの完成まで頑張る、絶対長生きする」と声を掛けられることも。BPが人々から引き出すエネルギーは、すぐには金額に換算できない。しかし、結果として「体力が上がり、医療費が下がり、介護保険料が下がるなどの効果が出てくる」と見通す。

 「本当によく北広島を選んでくれた」と責任を感じる。だからこそ、誰にとっても「こんなはずじゃなかった、という状況にはしたくない」と思う。駅や道路も機能としては重要だが「できた時、そして将来、何がまちにもたらされるのか」が最重要課題。市民のアイデアも募り、まちづくりへの影響を整理・発信していくつもりだ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。