鉄路廃止でバスターミナル機能持つ拠点施設を計画 月形町

2018年11月12日 07時00分

 月形町は、バスターミナル機能を持たせた、まちづくり拠点施設の建設を計画している。JR札沼線が廃止となった場合、バスターミナルが必要となることから整備を構想。町民の集いの場としての機能も持たせるため、公共施設との複合化なども視野に入れている。2018年度中に基本構想を策定し、19年度の実施設計、20年度の着工を目指す。

 月形町、JR札沼線北海道医療大―新十津川間沿線の当別町、浦臼町、新十津川町はこのほど、4町の総意として廃止を容認した。鉄路に代わる交通手段としてバスの利用が見込まれることから、バスターミナル機能を持たせるまちづくり拠点を整備することにした。

 現在は、既存の路線バス、新篠津村の村営バス、スクールバスの役割を担う町内のバスが乗り入れている。これに代替交通となるバスの乗り入れが想定されるため、まちづくり拠点施設にはこうしたバスの発着場を設けるほか、公共施設との複合化や統合、民間事業者との連携も視野に入れた整備を進める。

 本年度は事業費に約650万円を投じ、基本構想を策定する予定。KITABA・北電総合設計共同体が作業を進めており、建設候補地の選定に加え、施設の内容や機能などの案を3案に絞ったものを作成する。19年度に町民や各種団体との意見交換を実施して1案に絞った後、同年度中に実施設計に入る方針だ。

 着工は20年度を目指しているが、JR札沼線の廃線日などが固まっていないため、供用開始時期は未定。事業費も未定だが、一部は札沼線廃止に伴うJR北海道からの支援を活用する見通し。

 町は、新たなまちづくり施設を町民が集える場所とする考えで、現在、基本構想策定に取り組んでいる皆楽公園エリアの整備計画とも連動した施設整備に取り組む。


関連キーワード: 地域振興 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,080)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,414)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,742)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,498)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,029)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。