石狩のスーパーホテル 3月にも着工

2019年02月11日 07時00分

 フジウェル(大阪府堺市西区上野芝向ケ丘町3丁目11の17、藤本信一郎社長)は、スーパーホテル(本社・大阪)が運営する、仮称ビジネスホテル石狩新築を主体、設備一括で畠山建設に依頼した。3月中旬にも着工。2020年1月31日の完成、同3月ごろの開業を目指している。

 規模はS造、6階、延べ2298m²。最大定員258人とし、ツインやセミダブル計106室を配置。大浴場や宿泊者用のレストランを備える。設計は楽総合計画(本社・大津)が担当している。

 建設地は石狩市新港南2丁目731の2の敷地3510m²。国道337号沿いで、国道231号と交差するJCTに近い。

 新港地域で工事に携わる建設技術者や事務所を構える道外企業などの出張需要があるほか、スポーツ合宿やイベントなどでの利用といった相乗効果を期待している。

 スーパーホテルは道内で、札幌、旭川、函館、釧路、北見の5都市6カ所を運営。このほか、帯広でエヌシーおびひろ(本社・帯広)が施主として新築中の建物を賃貸し、今夏の開業を予定している。


関連キーワード: ホテル 道央

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,088)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,413)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,750)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,503)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,034)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。