開発局の19年度工事費は16%増、2211億円 

2019年04月25日 18時00分

測量設計費は340億円

 北海道開発局が2019年度に執行する道路や河川、農業農村整備などの工事費と測量設計費が分かった。工事費は前年度比16・3%増の2210億6335万円を計上。特に災害関連で河川の伸びが大きく、5割増となった。測量設計費は7・5%増の339億8423万円で、札幌飛行場(丘珠空港)の用地造成検討といった事業に新規着手する。

 工事費の内訳を見ると、砂防などを含む河川関係が前年度比50%増の560億4485万円、道路が5・1%増の911億373万円、港湾が5・2%増の128億1823万円、空港が45・4%増の65億5401万円、農業が4・3%増の398億5500万円、漁港が32・4%増の146億8753万円となっている。

 特に伸びが著しい河川では石狩川下流に144億2075万円などが主なところで、特定緊急砂防では厚真川水系の道管理河川に4億3396万円を充当した。道路は5号倶知安余市道路共和―余市間に56億800万円、40号音威子府バイパスに51億6127万円、厚賀静内道路に61億4200万円などとなっている。

 港湾は釧路港西港区国際物流ターミナル整備や西港区予防保全に32億2512万円など。空港を見ると、新千歳空港の誘導路新設に47億3614万円を充てたことで工事費を伸ばした。

 農業農村は国営かん排北海地区に29億4300万円、札内川地区に22億1000万円など。水産基盤整備は岸壁耐震化などの強靱(きょうじん)化対策で厚岸漁港に16億7583万円が主なところとなっている。

 測量設計費は河川関連が4%増の102億4188万円、道路が5・3%増の112億743万円、港湾が28・6%増の16億8890万円、空港が18・2%増の5億2024万円、農業が6・5%増の83億5343万円、漁港が29・8%増の19億7235万円という内訳。

 新規では、道路が229号島牧防災、236号野塚防災、274号清瀬防災の測量などに着手。農業農村は緊急農地再編旭東地区の設計に1億6040万円を投じる。

 空港は札幌飛行場で航空機のオーバーランや逸脱に対応するための新規用地造成に向けて6199万6000円の調査費用を計上している。


関連キーワード: 開発局

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。