留学生とのマッチング交流会 企業の参加を募集

2019年04月26日 15時00分

 映像制作のシンク(本社・札幌)は5月から、本道在住の外国人留学生と本道企業との定期交流会を開く。就職を視野に企業との接点を持ちたい留学生と、外国人雇用に関心のある企業をマッチングする。同社は近年、海外関連のコンテンツ制作を強化。イベントを通して得られる異文化情報を制作に役立てる。

 名称は「会話クラブ」。初回は5月10日午後6時30分から約2時間、同社内で開く。北大の留学生15人ほどが来場する予定で、企業側の参加者を募っている。参加無料。

 留学生は全員日本語会話ができる。就職相談ブースなどは設けず、自由な懇談、情報交換を基本とする。今後も毎月1回程度のペースで開く計画だ。

 シンクはモンゴルに拠点を持つほか、本社で中国、ハンガリー国籍の社員を雇用。外国人社員と、北大を中心とした道内留学生グループとの間に日常的な交流がある。

 留学生には本道での就職希望者が多い半面、外国人採用に積極的な企業や、日本の企業文化、マナーなどの情報が少ないことからイベントを企画した。

 問い合わせは同社、電話011(590)0738まで。


関連キーワード: 人材確保 海外

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • オノデラ
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,040)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,967)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,557)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。