札幌市中央体育館、27日オープン

2019年04月26日 18時00分

 移転改築を進めていた札幌市中央体育館(愛称・北ガスアリーナ札幌46)が27日、オープンする。市有体育館最大の規模で、観客席2500席を確保したアリーナでは大規模な競技大会やプロスポーツイベントの開催が可能になった。市民に一層親しまれる地域のスポーツ活動の拠点として、都心に新たなにぎわいを生み出す。

 北4東6周辺地区の再開発事業の一環で、中央区大通東5丁目の旧施設から、北4条東6丁目の敷地1万5060平方㍍に移転。事業費は用地費17億円、建物取得費88億円の105億円に上る。

25日にはプロフットサルチームのエスポラーダ北海道が、アリーナで事前練習を公開した

 体育館棟はSRC造、4階、延べ1万4612平方㍍の規模。サッポロファクトリーと空中歩廊で接続している。

 主要施設のアリーナは2階に位置し、3階部分が吹き抜け。観客席は旧施設の5倍となる計2504席を確保した。広さは2612平方㍍で、バスケットボールではコート3面、卓球では42台分使用可能。市民に人気のランニングコースも新設した。

 武道に強い旧施設の特徴を引き継ぎ、1階部分に各種専用競技室を配置。新設の武道室は隣接する剣道室、柔道室と一体化でき、ここでは停電時にも北ガスのエネルギーセンターから熱と電力の供給を受け、地域の防災拠点としての役割も果たす。

 このほかトレーニング室やアーチェリー室などを新たに設け、既存の競技室も機能を拡充している。
 駐車場はS造、2階、延べ2260平方㍍の駐車場棟に、約100台分を確保。駐輪場も約190台分を整備した。

 札幌市の山田一八スポーツ部長は、市民がより使いやすい施設になるとし、「都心のにぎわい創出に効果を発揮できれば」と期待している。

 


関連キーワード: さっぽろ圏 スポーツ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 日本仮設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,043)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (1,958)
ゼネコン18年度受注高 首位の岩田地崎、初の500億円台
2019年05月08日 (1,810)
再開発きっかけに病院の移転改築増加 札幌市内
2019年05月15日 (1,559)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (1,316)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第159回は「連休の後遺症」。体力的 な疲労と仕事のストレスが「五月病」 の正体です。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。