三毛別ヒグマ襲撃を風化させるな 苫前町がGCF検討

2021年01月17日 10時00分

 苫前町三毛別で起きたヒグマ襲撃を風化させない―。1915(大正4)年12月、巨大なヒグマは集落を襲って胎児を含む8人の命を奪い2人に重傷を負わせた。史上最大級の獣害事件だ。その悲惨な出来事を後世に伝えるとともに、先人への供養の気持ちを込め、苫前町は88年に庁舎前にヒグマのモニュメントを建てたが、現在は老朽化が進行。町は補修に向け、ふるさと納税を活用するガバメントクラウドファンディング(GCF)を2021年に実施することを検討している。

苫前町のシンボルであるヒグマのモニュメント

 ヒグマのモニュメントは今ではまちのシンボルに。来訪者が撮影するなど観光スポットの一つとなっているが、長年の風雨や雪により鉄骨の腐食、塗装の劣化が進んでいる。

 ヒグマのモニュメントは強化プラスチック(FRP)製で高さが約4m。前後に顔が付いていて、どちらからでも撮影が可能。ヒグマを支えるアーチは鉄骨で高さが7m、幅が3mある。

 完成後、30年以上経過し劣化が著しく、アーチとヒグマ本体を結ぶ金具が破断。安全対策のためゴムバンドで固定している。アーチ部は腐食して穴が開き、塗装が所々剥げ落ちるといった損傷が発生している。

 町ではGCFを活用して、基礎部の補修やヒグマ本体の再塗装、アーチを更新したい考え。担当者は「寄付してもらうにはストーリー作りが大切」と話し、寄付者を募るための物語構成に腐心している。

 また、町は建設後、約20年たった道の駅「風W(ふわっと)とままえ」改修にもGCFの利用を検討している。空調やボイラ、湯温・室温を制御する設備更新、外壁のひび修繕を計画し、財源の一部としたい意向だ。(留萌)

(北海道建設新聞2021年1月14日付8面より)


関連キーワード: クラウドファンディング 留萌

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

再開発マップ(札幌版)
  • 東宏
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

ダクタイル鋳鉄管データ不正 十勝管内にも影響...
2022年01月14日 (5,434)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想...
2021年01月13日 (3,513)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (3,368)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (3,205)
冬季は除雪オペレーター 谷組が女性従業員3人を通年...
2022年01月16日 (2,712)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第223回は「感染第6波」。ワクチンの追加接種が広がるまで、対策徹底を。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第16回「吉祥文様で良い一年を」。縁起の良い模様に背中を押してもらうのはどうでしょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第15回「事業拡大と補助者制度」自分以外でもできる仕事を人に任せながら、事業拡大について考えています。