地下鉄南北線シェルター耐震改修を21日にも公告 札幌市

2022年10月18日 08時00分

380mで22億円

 札幌市交通局は、市営地下鉄南北線澄川駅―自衛隊前駅間のシェルター耐震改修を21日にも一般競争公告する。市内の建築Aの単体か2、3社の特定共同体を想定。入札書の提出期限は11月4日、開札は7日を予定し、同下旬の着工と2024年1月31日の完了を目指す。事業規模は22億円に上る。

3月に完了した初弾の南平岸駅―澄川駅間

 延長は380m。柱の間の老朽化した筋交いを交換し、設置箇所も大幅に増やす。設計は八千代エンジニヤリング。終電から始発までの夜間工事で、実質の作業時間は3時間ほどとなる。

 22年度は1定補正を合わせて約29億円を投じる計画だったが、コロナ禍による減収の影響などで規模を縮小した。

 シェルターは地上走行部分の積雪対策として71年に完成したS造の施設。耐震改修は約10年かけて、環状通の立ち上がり部分から真駒内駅までの全長4.3kmで取り組む。

 初弾工は20年からことし3月にかけて南平岸駅―澄川駅間の250mで実施。設計を田辺構造設計、施工を伊藤組土建が担った。工事費は約17億5000万円だった。


関連キーワード: さっぽろ圏 交通 耐震化

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 川崎建設
  • 古垣建設
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

おとなの養生訓 第245回 「乳糖不耐症」 原因を...
2023年01月11日 (1,718)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (1,500)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,203)
おとなの養生訓 第170回「昼間のお酒」 酔いやす...
2019年10月25日 (1,084)
住友生命、札幌ビルの建て替えを検討 入居ホテル24...
2022年12月09日 (829)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第258回「体温上昇と発熱」。病気による発熱と熱中症のうつ熱の見分けは困難。医師の判断を仰ぎましょう。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第34回「1日2470個のご飯粒」。食品ロスについて考えてみましょう。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第32回「読解力と認知特性」。特性に合った方法で伝えれば、コミュニケーション環境が飛躍的に向上するかもしれません。