引き裂かれた大地 立ち上がる建設業者 ―2016.8台風災害の記録―


2016年8月、道内を直撃した台風。その爪痕に迫る。
災害と対峙する建設業者の記録を書籍化。

■体裁 A4判 フルカラー

■総頁 40ページ

(定価:本体1,389円+税)

出版物のご購入お申し込み

紹介記事(北海道建設新聞2016年11月11日付)

 北海道建設新聞社は、8月から9月にかけて北海道を襲った台風などに伴う豪雨災害の被害と復旧をまとめた「引き裂かれた大地 立ち上がる建設業者―2016.8台風災害の記録―」を発刊した。(広告は4面に)

 今回の災害では、道路や鉄道の寸断、農林水産業などで甚大な被害が発生し、道内の社会経済と暮らしに深刻な影響を与えた。2カ月を経た今も道内各地に爪痕を残している。

 今回の冊子では、各地の被害の実態とともに、災害に立ち向かう建設業者らと行政機関の取り組みを約120枚の写真で紹介している。

 被災前からパトロールに従事した維持業者、昼夜を問わず緊急復旧工事を続け、今もなお作業を進める建設業者や建設コンサルタント業者、住民の安全と安心を取り戻すために現場の指揮監督を続ける行政機関、そして彼らを支える数多くの関係者たち。冊子では、日ごろ光の当たることの少ない、そんな「名もなき戦士たち」を取り上げている。

 A4判 、フルカラー、40㌻。価格は1500円(税込み)。申し込みは当社Webサイトのバナー広告または出版物申し込みコーナーまで。札幌市内は主要書店でも販売している。


  • オノデラ
  • 古垣建設
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (14,230)
テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討
2018年07月23日 (3,570)
札幌市、東豊線コンコースをさっぽろ駅北側へ延伸
2018年08月07日 (2,822)
大通東1に再開発ビル 約10万m²、総事業費500億円超
2018年08月10日 (2,646)
南22条NTT北海道セミナーセンタ跡地に商業施設計画
2018年08月03日 (2,217)

連載・特集

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第141回は「座りすぎ」。座っている時間が世界一の日本人。脳や体への悪影響が懸念されます。心配なあなたに提案です。