道内直轄農業の18年度予算概算要求は673億円-新規は5地区

2017年09月04日 10時25分

 2018年度予算の概算要求に盛り込まれた道内直轄農業農村整備の要求額は、前年度当初比25.4%増の事業費672億6600万円となった。新規(対策移行含む)は国営かん排が幌向川二期と苫前(対策移行)の2地区、農地再編が大雪東川第二と阿寒の2地区、総合農地防災が幌延の1地区となっている。

 概算要求では、国営かん排などに優先課題推進枠を活用し、2割を超える増額要求となった

 新規着工要求5地区のうち、農地再編大雪東川第二地区は総事業費350億円、総合農地防災幌延地区は同170億円、農地再編阿寒地区は同110億円を投入する計画。(関連記事12面に)

 要求額を前年度当初と比べると、釧路が2・9倍、小樽と帯広が各2倍、留萌が76.3%増、稚内が58.3%増、函館が59.5%増、網走が29.2%増と増額。札幌は道央用水(三期)が完了予定となっていることなどから、3.7%落ち込んでいる。

 新規地区の事業費と概要は次の通り。

 ◆札幌
 ◇国営かん排▽幌向川二期(35億円)ダム改修1カ所、頭首工改修1カ所、用水路改修11km

 ◆旭川
 ◇農地再編▽大雪東川第二(350億円)区画整理1639ha

 ◆釧路
 ◇農地再編▽阿寒(110億円)区画整理2407ha

 ◆留萌
 ◇国営かん排▽苫前(9億5000万円)ダム改修1カ所

 ◆稚内
 ◇総合農地防災▽幌延(170億円)排水路改修16・1km、暗渠・整理2593ha


関連キーワード: 農林水産

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • Easy維~持~!
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR苗穂駅新駅舎と自由通路が11月にも開業
2018年04月24日 (2,858)
東急ハンズ 札幌2店舗目も視野
2018年05月05日 (1,906)
札幌駅前新ホテルが着工 福岡地所が北海道初出店
2018年05月10日 (1,808)
ニトリが千歳に新店舗 北栄2で6月ごろ着工
2018年02月26日 (1,694)
HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (1,639)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第135回は「ジン」。解熱利尿の"薬" が起源です。薬としての効果のほど は怪しいですが、シンプルでうまい お酒です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。