大成など3社に優先権 新千歳空港国際線ターミナルビル拡張

2017年09月15日 09時00分

 新千歳空港ターミナルビルディング(本社・千歳、阿部直志社長)が5日に総合評価型一般競争入札した新千歳空港国際線ターミナルビル拡張の施工者は、メインのターミナルビル拡張のC工区を大成建設、ホテルを含むA工区は大林組、B工区は岩田地崎建設が交渉の優先権を得ているもようだ。結果公表は来週以降の予定。各社は特定共同体結成も進めている。

 WTO政府調達対象工事として7月7日に公告したもの。既存ビル(S一部RC造、地下1地上4階、延べ約6万m²)を南側に広げる。設計は日本空港コンサルタンツ・梓設計・山下設計・えんれいしゃ共同体が担当。2016年では400億円程度の総事業費だったが、資材、人件費の高騰などで価格が大きく上昇しているとみられる。

 A工区は旅客ターミナルビルと海外富裕層向けホテルで、ビルは地下RC造、地上S造の地下1地上4階、延べ1万6300m²を増築。ホテルはビルと同じ構造で地下1地上8階、延べ2万500m²とする。

 B工区は旅客ターミナルビルをS造、3階、延べ7800m²で増築する。C工区は旅客ターミナルビルを地下RC造、地上S造の地下1地上4階、延べ4万1100m²で増築し、既存ビルを延べ2万1340m²で改修する。

 工期はA、B工区が19年12月末、C工区は20年3月末まで。いずれも旅客取り扱い部分の供用開始は19年8月末とする。

 発着枠拡大や格安航空会社(LCC)の増便を背景に増加を続ける外国人観光客に対応するため狭あい化を解消する。CIQや航空会社事務所、物販テナントが入居する予定となっている。


関連キーワード: さっぽろ圏 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(10月)

北6東4街区に新ビル 札幌総合卸センター再開発が始動
2017年09月26日 (2,616view)
大成など3社に優先権 新千歳空港国際線ターミナルビル拡張
2017年09月15日 (2,565view)
札幌市中央区北4東6周辺再開発で21階建ツインタワー
2017年09月29日 (2,245view)
ホテル投資に熱 札幌市内ススキノや大通中心に進出加速
2017年09月27日 (1,356view)
北海道新幹線、後志トンネル(塩谷) 107億円で戸田らJVに
2017年10月11日 (1,156view)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

第122回は「入浴と睡眠」。深部体温が下がると眠りがスムーズに。入浴後1~2時間で就寝するのがコツです。

連載 その時に備えるnew

増加する未曽有の災害。自治体、地域はどうやって備えるべきか。現状や課題を探ります。

連載 空撮 復興の大地

2016年北海道に連続台風がもたらした甚大な被害から1年。復興する大地を空から伝えます。