3Kイメージ打開に女性社員が現場点検 菱中建設

2017年10月06日 06時59分

女性社員が現場パトロール 菱中建設(本社・札幌)は3日、本店を置く苫小牧市内などで女性職員による現場点検を実施した。

 同社は、きつい、汚い、危険という建設業の「3K」イメージや安全衛生活動のマンネリ化を危惧。これらの打開に向け、ことし8月から毎月、女性職員も現場をパトロールしている。3回目となるこの日は建築、営業、総務の各部署から4人が参加した。

 室蘭開建から受注した日高自動車道苫小牧市苫東大橋補修の現場を訪れた一行は、はじめに事務所トイレを点検。傷みがあったスリッパについて「汚れを拭き取りやすいビニール製にしては」と提案するなど、具体的な改善策も伝えた。現場作業に関しては、近くを行き交う一般車両への注意を喚起。点検結果は手書きでまとめ、各現場へ配布する。

 初回から参加している松本彩子営業課長は「厳しい指摘をしても、具体的な改善策を出すようにしている」と話す。

 同行した加登清史安全衛生管理室長は「普段は現場を見ない人が点検することで、違った視点を得られる」とその効果に期待を寄せている。


関連キーワード: けんせつ小町 安全衛生

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • オノデラ
  • 古垣建設
  • イイファス

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。