登別病院移転改築を来秋着工 設計施工は大成建設に

2017年10月06日 07時00分

 独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO、東京都港区高輪3丁目22の12、尾身茂理事長)は、登別病院移転改築の事業者を設計、施工一括で大成建設に決めた。基本設計を2018年1月、実施設計を同6月までに終え、同10月にも着工、20年3月の完成を目指す。

 新病院は登別市登別東町3丁目の敷地1万4000m²に建てる。規模はRC造、3階、延べ7273m²。駐車場は257台分を確保する。病棟は一般と回復期の2棟構成とし、ベッド数は55床ずつの計110床。1階に外来と検診、2階に病室、3階に管理・運営部門、空調機械室などを設ける。

 同機構は登別病院移転新築の事業者について、基本・実施設計、施工を一括する設計施工一括方式で募り、応募2者から選定した。契約額は31億7505万円(税込み)。詳細は基本・実施設計の中で詰める予定だ。

 登別温泉町133にある現病院は1万6637m²の敷地を有する。1946年開業の登別整形外科療養所を前身とし、52年に厚生年金登別整形外科病院として現在地に移転後、72年から登別厚生年金病院、2014年からは同機構が運営する現在の病院となっている。一般、療養、回復期リハビリテーション、障害者施設一般の4棟で構成。各棟とも4―5階建てで、総延べ面積は1万9656m²。地域の中核病院としての役割を担ってきた。

 しかし、古い棟で築50年以上が経過し、施設の傷みが進行。また、立地条件から医師が集まらないほか、患者も年々減少し、赤字経営が続いていた。同機構は、これら課題の解消策を登別市と協議した結果、JR登別駅付近の登別東町に移転新築する結論に達した。


関連キーワード: 医療福祉

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,076)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,355)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,808)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,473)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,193)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。