品質評価に新技術 コンクリ表面全体 AEセンサで検査

2017年10月26日 19時04分

 北海道開発局は2017年度、コンクリート施工後の表面全体の品質を評価する新技術を試行する。振動を計測するAEセンサを用いた打音検査で、函館開建発注の278号函館市大船大橋下部工(工藤組)に導入。品質確保による構造物の長寿命化と施工技術の客観的評価につなげる考えだ。

 この技術は、国土交通省がi―Constructionを推進するため、発注者らの現場ニーズと技術シーズをマッチングさせて現場で試行する取り組みとして選んだ全国5件のうちの1件。

 具体的にはAEセンサを施工後のコンクリート表面に当て近くを打音し、振動の周波数分布などを波形処理装置で分析。波形のずれから不良部分を見つけるもの。

 通常は劣化の評価で使われることはあるが、施工後1カ月程度の評価で導入するのは初めてだという。本道は冬季の凍結融解によるひび割れが起きやすく、開発局は施工後のコンクリート表面全体の品質を評価する技術を探していた。現場では今回マッチングに成立した技術(原子燃料工業)以外に他社が持つ類似の新技術も試行する。

 大船大橋下部(橋脚)は、コンクリートの品質向上の一環で17年度から取り組んでいる「コンクリート施工状況把握チェックシート」と「表層目視評価」の試行現場。同じ現場に導入することで、目視評価との比較検証を行うのが狙い。

 開発局はコンクリートの表面性状と劣化の相関関係は大学などの研究でもまだ明らかになっていないとしつつ、今回の技術を用いて将来的には施工後の品質を客観的に評価できる手法を確立したいとしている。


関連キーワード: 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 日本仮設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

洞爺サンパレス「クリスタル」建替を6月着工 カラカミ観光
2017年12月26日 (2,350)
特定代行者募集を開始 北3東11周辺地区再開発
2017年12月25日 (1,708)
国立アイヌ民族博物館新営建築は40億円で竹中らJVに
2018年01月15日 (1,681)
道新幹線、札樽トンネル(石倉)他は105億円で大林組らJVに
2017年12月20日 (1,502)
小樽のホテル跡8万m²など取得 グローカルジャパン
2018年01月13日 (1,362)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第127回は「疲労とお風呂」。血行が改善されることで疲労感の原因となる物質が、処理されやすくなります。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。