「目指せ入賞!」札幌工高がコンクリート甲子園初出場

2017年11月23日 13時00分

 12月9日に高松市で開かれる第11回コンクリート甲子園(全国大会)に、道内から唯一、札幌工高のチームが出場する。第10回大会の予選に続く2度目の挑戦で予選を突破し、初出場を果たした。生徒たちは「何とか入賞したい」と力強く宣言した。

札幌工高がコンクリート甲子園初出場

中野さん、大野さん、鎌田さん、小林さん

 コンクリート甲子園は、身近な建設部材であるコンクリートの特性や配合設計の基礎知識を身に付け、コンクリートの作製を通じて材料の選択や練り混ぜなどを体験することなどを目的に開催している。

 今回の予選では2本の供試体を作製し、強度の平均値が目標強度1平方㍉当たり50以下で、かつ目標強度に最も近いチームから順位付けした。個々の強度が目標強度を超えても失格とはならないが、平均強度が超えると失格となる。20校が挑戦し、11校が予選を通過した。

 予選を6位で通過し、大会に出場するのは、リーダーの大野恵太郎さん、サブリーダーの鎌田啓杜さん、メンバーの中野瞭さんと小林駿平さんの3年生4人。この4人が2年生の昨年、初めて挑戦したが「強い強度を求めるだけの試験で慣れていなかった」(大野さん)ため、予選を通過できなかった。

 今回の供試体作製には4人に加え、2年生の大友翔琉さんも参加。予選通過を川村茂先生から聞いたときは、全員が「驚く一方、喜びでいっぱい」になったそう。

 全国大会では、予選と同じ条件による供試体3本の強度部門のほか、パネルなどを使って工夫や作製過程を審査委員にアピールするプレゼンテーション部門、地域をアピールする絵を供試体に描くデザイン部門の3部門で審査。部門別に上位3位、合計得点での上位3位、審査委員特別賞として1チームを表彰する。

 このほど事前に送付する供試体3本を5人で作製した。コンクリートが固まらないなどのトラブルや配合設計の変更などで何度も作り直したことから大きくスケジュールが遅れたが、何とか間に合わせた。絵を描くデザイン部門を担当した小林さんは「地域を代表するデザインとしてテレビ塔、時計台、クラーク像を選んだ。家に持ち帰るなどギリギリでしたが間に合った」と笑顔を見せた。

 これから当日使用するプレゼンテーションの資料作りに取り掛かる。リーダーの大野さんは「デザイン部門は1位だと思うが、強度は力を出し切れなかった。プレゼンテーションで挽回し、チームワークで入賞を目指したい」と意気込んでいる。


関連キーワード: フレッシュ

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • web企画
  • 川崎建設
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。