旧紋別病院跡地利用の初弾 幼児療育センター移転建替

2017年11月25日 09時30分

 紋別市は、移転建て替えを計画している幼児療育センターについて、2018年6月中旬に、建築主体、電気設備、機械設備の3分割で指名競争入札を実施する予定だ。入札後の同月中に着工する見通しで、19年3月までの完成を目指している。規模はW造、平屋、延べ640m²程度。総事業費は積算中だが、建物の規模から3億円ほどと想定される。同センター建て替えは、旧広域紋別病院跡地利用構想の初弾工事となる。

 現在、花園町5丁目にある同センターには、紋別、滝上、興部、雄武、西興部の5市町村に在住する2歳から小学校6年生までの発達障害や自閉症などの症状を持つ子ども75人が通っている。子どもたちは放課後などの時間を利用して、同センターで生活についての指導や訓練を受けている。

 築35年以上を経過し、老朽化しているほか、駐車場も手狭で、保護者らが送り迎えする時間帯になると車の行き交いに苦労するのが現状という。

 新センターの基本・実施設計は日本工房が担当。子どもたちを個別に指導する部屋や、IQや聴力の検査室、体育スペースなどを設けるほか、さらに多くの子どもを受け入れる体制を整えるため、集団用の指導室も設ける。現在は基本設計を終え、実施設計に移る段階で、設計は18年3月に完了する見込み。

 建設地は緑町5丁目31の14で、旧広域紋別病院跡地を利用する。敷地面積は約2000m²で、施設のほかに25台分の駐車場も整備し、送り迎え時などの現状の問題を解決したい考え。

 同センターの管理者を務める市保健福祉部の豊田雅晴参事は「施設の使い勝手が良くなるため、子どもたちは今より充実した療育を受けることができるのでは」と期待する。現センターの解体などについては18年度以降に検討を進める。


関連キーワード: 医療福祉 市町村行政

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌円山整形外科、病院改築を5月末着工へ🔒
2022年03月14日 (3,465)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,103)
モントレ札幌、10月末閉館 新ビル含め利活用検討
2022年08月26日 (2,540)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,296)
札幌円山整形外科、隣接地で病院改築🔒
2021年08月02日 (2,078)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第239回「がんと運動」。1日20分のウォーキングでも、始めたその時から効果が。

連載 宇宙への道
大樹から広がる近未来

宇宙への道 大樹から広がる近未来
LC1射場着工で開かれ始めた宇宙への道。これまでの歩みを振り返りつつ、新時代への課題を探る。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第24回「手描きパースの不思議」。イメージを伝える際に、手描きならではのお得な側面も。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第23回「モヤモヤ課題解決方法」直面した課題を言語化することが、解決への道となります。