北海道近代設計を設立 近代設計が子会社化

2017年11月26日 09時30分

 近代設計(本社・東京、島田芳久社長)は、12月1日付で札幌支社を分社化し、札幌市に本社を置く「株式会社北海道近代設計」を設立する。社長には現札幌支社長の市川竜也氏が就任。同支社の社員、業務など事業の権利義務を全て承継し、道内に密着した企業活動を展開していく。

 札幌支社は1973年に営業所として開設。85年には支社に昇格し、北海道開発局をメインに道路や橋梁の測量、設計に強みを持つ。

 今回の新設分割は、得意分野である無電柱化事業を主軸に、道内の道路、橋梁関連のメンテナンスサイクル事業における事業拡大が目的。これまで通り開発局や市町村などを中心に、道内企業として営業力を一層高める。

 また、企業としての基盤づくりを進めながら、将来を見据えた技術者の育成・輩出に積極的に取り組み、業界の技術力底上げにも努める構えだ。

 新会社は近代設計の100%子会社で、資本金は1500万円。会社所在地や電話番号などは変わらない。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • イイファス
  • 東宏
  • 日本仮設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前通でビル建て替え ヒューリックが計画
2017年11月24日 (2,684)
ルスツに高級コンドミニアム 220億円投じ来春着工
2017年11月22日 (1,797)
「岩田地崎が首位」ゼネコン上半期・道内受注ランキング
2017年11月03日 (1,684)
札幌市が駅前北5西1、2街区の基本計画策定へ
2017年12月07日 (1,348)
180室ホテルなど 新千歳空港国際線ターミナル増築詳細
2017年11月17日 (1,252)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第125回は「前菜」。宴会シーズン、前菜をうまく利用して、乗り切るというのはいかがでしょうか。

連載 北海道・モンゴル経済交流

北海道・モンゴル経済交流
モンゴル国内の経済活動や、北海道 企業の活躍、両者のマッチングなど の交流について報告します。

特集 NETIS特集2017

NETIS特集2017
公共工事の品質向上やコスト削減に つながる、先進的な新技術について 紹介します。