親しみやすさとにぎわいを演出 人気キャラの現場グッズ

2017年12月20日 12時00分

 市民の目に触れる街中の工事では、キャラクターをモチーフにした現場グッズを採用する現場が増えている。セーフティガードや工事標識、バルーンライトなどにあしらわれてたキャラクターは、子どもにも伝わりやすい注意喚起となり、工事風景への親しみやすさにつながることで、建設業のイメージアップに一役買っている。現場のにぎわいを演出するキャラクター現場グッズをまとめた。

 保安安全用品の販売やレンタルを手掛ける仙台銘板(本社・仙台)は、キャラクターをあしらった単管ガードを道内で10種類展開している。2年前から提案している人気漫画「ワンピース」のキャラクター「チョッパー」やサンリオの「ハローキティ」が人気商品だ。道内の導入台数は年間で5000台程度。キャラクター感を押し出しながらも反射シートをふんだんに使い、視認性を高めている。

 つくし工房(本社・東京)は、2年前から「宇宙戦艦ヤマト2199」の人気キャラクターとコラボした安全標識を発売。建設業者からの要望を受け、テレビアニメのリバイバル放送も重なったことから、当初は数量限定で販売を開始した。現在は、室内でも現場でも使えるコンパクト標識をウェブサイトで販売中。「気を引き締めよ…なれた仕事でケガをする」などユニークなせりふ付きの標識は、建設業者以外からも人気が高い。「現場を通り掛かる第三者の方の目を楽しませていると好評」。導入した現場からは、そんな声が伝えられているという。

ライトボーイのバルーンライト「たるガードマン」

ライトボーイの人気バルーンライト
「たるガードマン」

 ライトボーイ(本社・東京)は、工事現場やイベント用のデザインバルーンを扱っている。同社の星一輝さんは「真っ白いバルーンだけではつまらない、という工事現場の人の声をきっかけに社内でデザインを検討し、試作を何度も重ねた」と経緯を振り返る。明るさも確保しつつ、デザインに合わせた膨らみがうまく表われるように工夫をこらした。

 通年販売品は38種類で、販促用なども含めると製作実績は500種類に及ぶ。年間出荷数は約300―400個で、リピーターも多いという。中でも1番人気は工事現場向けの「たるガードマン」。今の時期は季節柄、サンタクロースや雪だるまの注文も多い。道内ではヤンマー建機北海道営業部で販売している。

 特注バルーンも受け付けており、自社のマスコットキャラクターなどをあしらったバルーンで企業活動のアピールにも活用できそうだ。


ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (2,798)
函館駅前、札幌駅前通沿いなどで大型プロジェクト続々着工
2018年04月05日 (2,534)
3開建で部長交代 4月人事で国交省と開発局
2018年03月29日 (2,236)
札幌駅北口8・1地区 複合ビル延べ12万m²建設
2018年03月05日 (2,092)
日ハムBP、北広島に 23年開業へ準備会社設立
2018年03月26日 (1,766)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第133回は「年齢とお酒」。年を取 るとお酒に弱くなるのは、血流や細 胞が減って、肝機能が低下すること が原因です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。