空港民営化基本スキーム案は3月に 道など4管理者

2018年02月09日 19時10分

 道内7空港一括民間委託の基本スキーム案で2月ごろを予定していた実施方針公表が、3月となる見通しだ。公表に先立ち、高橋はるみ知事は13日、米沢則寿帯広市長、西川将人旭川市長と共に石井啓一国交相を訪ね、実施方針の基本的事項について4管理者で合意する予定。事業期間を30年とすることをはじめ、開始時期を2020年度とすること、地方管理空港については混合型負担とすることなどについて申し合わせるとみられる。

 国が17年7月に公表した基本スキーム案に基づき、マーケットサウンディング(民間投資意向調査)で企業などから寄せられた意見を反映させ、実施方針を策定している。

 実施方針の公表が3月になれば、3月ごろとしていた応募要項公表の時期に影響する可能性がある。

 基本スキーム案では、審査スケジュールについて、7―8月ごろに第1次審査、9月―19年3月ごろに競争的対話、19年4―6月ごろに第2次審査を実施し、6月ごろに優先交渉権者の選定を予定している。


関連キーワード: 空港

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (2,230)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,076)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,619)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,387)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,021)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。