函館発の自社製品開発へ サンテクノがR&Dセンター開所

2018年03月01日 19時00分

 電子機器や産業用機械の設計などを手掛けるサンテクノ(本社・名古屋)の「函館R&Dセンター」開所式が2月28日、函館市産業支援センターで開かれた。函館発の自社製品開発に乗り出し、5、6年後をめどに30人規模の工場・事務所新設を目指す。

 同社にとって愛知県外初の拠点で、昨年12月に開設。航空宇宙分野で培った技術力を生かし、公立はこだて未来大や函館高専などと連携し、AIを活用した水産関連の機器開発にも取り組む。

函館進出を果たした細江社長(中央)ら

 開所式で細江政司社長は、市との連携協定に基づき函館で毎年2、3人の新卒採用を継続すると説明。「函館の雇用創出に貢献し、企業や研究機関と連携してメイドイン函館の自社製品を作りたい」と展望を述べた。

 同社が進出を決めた背景にはワダエンジニアリング(本社・名古屋、和田伸夫社長)、ビックボイス(同・東京、佐々木治郎社長)の先進事例があってのこと。企業が企業を呼ぶという流れが続き、市内では2014年以降に約20社が拠点を設けている。


関連キーワード: 企業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 古垣建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,124)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,481)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,456)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,307)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,082)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。