百年記念施設再生へ道が年内にも基本構想を策定

2018年03月15日 16時21分

 道環境生活部は、札幌市厚別区にある北海道博物館や北海道開拓の村、北海道百年記念塔からなる百年記念施設の再生に向けて、ワークショップや専門家とのヒアリング、パブリックコメントを経て、2018年内にも構想をまとめる考えだ。

 14日の道議会予算特別委員会で藤川雅司氏(民進党・道民連合)の質問に対して小玉俊宏環境生活部長が答弁した。

 環境生活部は、17年11月に「百年記念施設の継承と活用に関する考え方」を公表。その中に現状や課題、今後の基本的な考え方などを明記した。

 今後の方向性として、博物館は15年度にリニューアルを実施しており、役割強化や積極的な活動が展開できる仕組みづくりを進めていく。

 開拓の村の施設修繕は、代替素材を活用した修繕手法の導入やPPP、PFI、クラウドファンディングなど民間資金や活力導入の可能性について検討し、体験型イベントの実施など受け入れ対策の強化を図る。

 百年記念塔については、老朽化が進んで14年7月から立ち入り禁止となっていることから、幅広く道民の意見を踏まえた上で、安全性や将来世代の負担軽減、周辺施設との関連などさまざまな観点から検討するとしている。

 今後は、広く道民の意見を募るワークショップなどを開催するほか、まちづくりや公園デザインなどの各分野における専門家とのヒアリングなどの意見を基に素案をまとめ、議会との議論や、パブリックコメントを実施した上で年内に構想を取りまとめる考えだ。


関連キーワード: さっぽろ圏 北海道庁

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR札幌駅前の再開発ビル 延べ42万m²の規模で構想 
2020年07月31日 (4,532)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,337)
道内の「開かずの踏切」 対策検討中は残り3カ所
2020年07月13日 (2,067)
日高自動車道静内―三石間 最短ルートで最大1140億円
2020年07月17日 (1,895)
ススキノの銭湯を無人ホテルに マッシブサッポロ
2020年07月15日 (1,252)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 会社探訪記new

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第188回は「感染対策」。形だけにならないよう、消毒液はたっぷり使い、マスクは鼻までしっかりしましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。