テイセンボウル解体へ 跡地8600m²利活用を検討

2018年07月23日 08時00分

 帝国繊維(東京都中央区日本橋2丁目1の10、白岩強社長)は、2015年に閉館したサッポロテイセンボウルとテイセンホールを8月から解体し、跡地約8600m²の利活用を検討する。現時点で具体的な計画はないとしているが、北海道新幹線が札幌に延伸する30年度までに新たな施設を設ける考え。駅周辺での再開発の方向性が見えるまでは、有料駐車場として利用する。

閉館したサッポロテイセンボウルと、併設するテイセンホール。8月にも解体が始まる

 JR札幌駅に近い札幌市東区北7条東1丁目1の1にある旧サッポロテイセンボウルと、併設するテイセンホールは、施設の老朽化やボウリング事業を取り巻く環境の厳しさなどから、15年6月に43年の歴史に幕を閉じた。施設は内部処理などを施した後、そのままの状態となっている。

 同社によると、駐車場として利用を希望する企業があることや、施設の安全面を配慮して年内の解体を決めた。今のところ売却の意思はなく、しばらくは敷地を賃貸する考え。

 道新幹線札幌駅のホーム位置が創成川をまたいだ「大東案」に決まり、札幌総合卸センターの建て替えが進むなど、駅東側エリアでは再開発の機運が高まっている。

 新施設に関して同社では「事業化はまだ先だが、地元の話を聞きながら考えたい」とし、商業や住居施設など、あらゆる可能性を探る構えだ。


関連キーワード: さっぽろ圏

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 日本仮設
  • イイファス
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (8,711)
自家発備え災害時も燃料を安定供給 住民拠点・中核SS
2018年05月06日 (4,129)
札幌市内復旧本格化
2018年09月09日 (3,893)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (3,518)
厚真で震度7 全道停電 全面復旧に1週間以上
2018年09月06日 (2,733)

連載・特集

連載 北海道150年を支える

150年を支える
北海道命名150年を記念し、将来を展望する連載を企画しました。第1部は全11回連載。

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第143回は「サバイバル」。地震や大規模停電。食料が手元にないと不安な心理は理解できますが、水があれば大丈夫です。