新型低床路面電車「1100形」10月上旬に運行開始

2018年07月28日 09時30分

 札幌市は、新型低床車両の1100形を10月上旬に運行開始する予定だ。通路幅を広く確保できる単車タイプを採用し、段差のない座席を設置するなど、既存車両から利便性を向上。運行に向け、7月31日に電車事業所に搬入し、8月に走行試験を実施する見込み。

 市交通局では、市路面電車活用計画に基づき、3連接のA1200形低床車両(愛称・ポラリス)をループ化に合わせて3両導入している。

単車タイプの新型低床車両のイメージ

 ことし導入する1100形は単車タイプで、長さはポラリスと比べ4m短い13m。幅は13m、高さは2・3mで同じになっている。定員は60人。

 連結部や一部車体で狭かった通路幅を約1・2mと広く確保。乗車口から降車口まで段差や傾斜のないフラットな構造を実現し、座席は全て、横一列に並ぶロングシートを採用することで段差を解消。加えて、車いすスペースを2カ所設置した。

 2019年度には、現段階で形式は未定だが、低床車両をさらに2両導入する計画。こちらも随時運行を開始する。


関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 古垣建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,478)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (3,953)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,532)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,188)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,735)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。