新型低床路面電車「1100形」10月上旬に運行開始

2018年07月28日 09時30分

 札幌市は、新型低床車両の1100形を10月上旬に運行開始する予定だ。通路幅を広く確保できる単車タイプを採用し、段差のない座席を設置するなど、既存車両から利便性を向上。運行に向け、7月31日に電車事業所に搬入し、8月に走行試験を実施する見込み。

 市交通局では、市路面電車活用計画に基づき、3連接のA1200形低床車両(愛称・ポラリス)をループ化に合わせて3両導入している。

単車タイプの新型低床車両のイメージ

 ことし導入する1100形は単車タイプで、長さはポラリスと比べ4m短い13m。幅は13m、高さは2・3mで同じになっている。定員は60人。

 連結部や一部車体で狭かった通路幅を約1・2mと広く確保。乗車口から降車口まで段差や傾斜のないフラットな構造を実現し、座席は全て、横一列に並ぶロングシートを採用することで段差を解消。加えて、車いすスペースを2カ所設置した。

 2019年度には、現段階で形式は未定だが、低床車両をさらに2両導入する計画。こちらも随時運行を開始する。


関連キーワード: さっぽろ圏 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • イイファス
  • 古垣建設
  • web企画

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,078)
新さっぽろ駅周辺地区 G・I街区の開発始まる
2019年08月08日 (2,020)
札幌都心部でホテルの建設加速 19年上半期に9件
2019年07月30日 (1,533)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (1,469)
カレスが札幌・北6東3に医療センター 21年10月に着工
2019年08月01日 (1,355)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第166回は「北海道マラソン」。渇きを感じる前にこまめな給水をし、完走を確実に目指しましょう。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。