函館駅前・大門地区の空地半減 ホテル建設ラッシュで

2018年08月03日 13時00分

 函館市は、2017年度末の市内中心部の空き地・空き店舗状況をまとめた。北海道新幹線の開業とともにホテルの建設ラッシュが続く函館駅前・大門地区の空き地面積が約2900m²と前年度から半減した一方、市電沿線地区や本町・五稜郭・梁川地区では大きな変化はない。空き店舗は15件減の633件で、駐車場への転用や事務所開設などで減少に転じた。

 毎年度、3地区から函館朝市を除く中心市街地での建物や土地の活用状況を目視・聞き取り調査し、中心市街地活性化事業の効果を検証している。

 駅前・大門地区の空き地は3件減の21件、3853m²減の2926m²と土地の有効活用が進む。ホテル建設のほか、工事に関連した仮設事務所の設置もあり、3年連続で減少している。

函館駅隣接地で新築が進む大和ハウス工業のロイヤルパークスER函館駅前。駅前・大門地区ではこのほかユニゾホテルとWBFリゾートがホテルを建設中だ

 空き店舗は13件減の234件。夜間飲食は閉店と新規出店がきっ抗しつつ、駐車場への転用も目立った。営業中の店舗は400件で、夜間飲食の新規出店が多いものの、閉店してホテルの建設予定地になったことなども受けて6件減っている。

 本町・五稜郭・梁川地区の空き地は23件、1万639m²でほぼ変化はなく、14年度から1万m²超が続く。空き店舗は2件増の291件で、夜間飲食の閉店が目立つ。空き店舗・店舗数とも変動は少ないが、夜間飲食を中心に店舗の出入りが激しい印象がある。

 市電沿線地区では、店舗解体や駐車場閉鎖で空き地が3件増の64件、565m²増の8187m²という状況。空き店舗は4件減の108件。仏具店や雑貨店などが閉店した一方、洋服店や飲食店などが新規出店し、駐車場の整備や事務所開設も見られた。

 駐車場は、月決めから時間貸しへの転用傾向がある。各地区で空き店舗を駐車場にする動きもあるが、ホテル建設地への活用や本町の立体駐車場解体で駐車台数は1万3454台と529台減った。

 市商業振興課の東出瑞乃課長は「本町のシエスタハコダテや、函館駅前のキラリス函館の再開発ビルには公共施設も入っている。今後も利用促進を図り、その集客効果が波及し、活発な民間投資につながれば」と期待を寄せる。


関連キーワード: 商業 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 東宏
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

旭川大学公立化 名称は「旭川市立大学」に
2022年01月18日 (4,221)
函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,120)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (1,743)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,517)
おとなの養生訓 第44回「肥満と発汗」 皮下脂肪が...
2014年04月25日 (1,513)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第236回「コロナと換気」。外気を取り入れてウイルスを排除しましょう。

連載 旭大公立化
まちづくりの行方
new

旭大公立化 まちづくりの行方
23年の公立化を控え市内の不動産業者が反応、分校舎の立地にも注目が集まっている。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第21回「導入進む『メンター制度』」相談できる相手がいれば、経営者も自身を持って経営判断できるようになります。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第22回「『CUDマーク』をご存じですか?」。すべての人にとって見やすい色情報の証です。