釧路湿原に違法木道 容疑者不明のまま刑事告発

2018年08月16日 18時00分

 環境省釧路自然環境事務所は、釧路湿原国立公園の特別保護地区などで環境大臣の許可なく木道状の工作物が設置されていたことを受け、容疑者不明のまま14日付で釧路警察署に刑事告発した。

違法に設置された工作物(環境省釧路自然環境事務所提供)

 違法工作物が見つかったのは、鶴居村内の雪裡川周辺。同事務所では、湿地に単管を打ち込んで支柱としその上部に板を渡したものを少なくとも8カ所で確認しており、延長は長いもので数十m規模に上るという。

 同事務所は、環境大臣の許可を受けずに工作物を新築した自然公園法違反の疑いで告発。違反が確定すれば、6カ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられる。

 同事務所の担当者は「設置者に撤去させるのが原則。容疑者は不明だがまだ告発したばかりであり、現在のところわれわれで撤去する予定はない」と話している。


関連キーワード: 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,081)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (3,357)
札幌・南2西7に112室のホテル ユニホー
2019年03月27日 (2,809)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,474)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,196)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第157回は「バーボン」。お勧めの飲み方はトウモロコシの香りが引き立つロックです。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。