旭川ウェルネスセンターの中核施設、森山病院を9月末入札

2018年08月27日 07時00分

 医療法人社団元生会(旭川市8条通6丁目左10、森山領理事長)は、旭川北彩都地区に建設する仮称・旭川ウェルネスセンターの中核施設となる森山病院新築を、9月28日午前11時から条件付き一般競争入札する。外構を含む主体、設備一括で、10月中旬に着工。入札参加申請は締め切った。入札後に落札者が代表者となる特定共同体を結成する、入札後共同体結成方式を採用している。

 法人所在地にある森山病院は、施設の老朽化が進んでいる。旭川市が公募型プロポーザル方式で売却先を募った宮下通2条1丁目2の土地約1万7500m²を2015年に取得。同病院を核に健康をテーマとする生活文化拠点施設の仮称・旭川ウェルネスセンターを整備することにした。

 敷地内には同病院をはじめ、スポーツ施設やレストランなどの商業施設を新設。大雪山系の山々や北彩都ガーデンの景観を生かし、医療だけでなく、食や運動などライフスタイル提案型の開放的な施設を目指す。

健康、医療、福祉を柱とする旭川ウェルネスセンターの中核施設・森山病院の完成予想図

 新たな病院はRC一部S造、地下1地上8階、延べ1万6603m²。病床数は、元生会が運営する愛生病院の60床を加えた232床とする。駐車場は200台程度用意したい考えだ。実施設計は久米設計・柴滝建築設計共同体が担当。総工費は約60億円を見込んでいる。

 入札後に落札者は、元生会が指定する期日までに自らを代表とする共同体を結成し、契約を結ぶ。

 共同体代表者は道内に本店か営業所を有し、直近の経審総合評点の建築が道内に本店を置く者で1200点以上、それ以外は1700点以上の者とする。構成員は上川管内に本店を有し、直近の経審総合評点の建築が900点以上であることを求める。

 完成予定時期は、建物本体が20年3月末、外構が6月末で、7月1日のオープンを目指す。

 新設する商業施設について元生会は「交渉中」として、明らかにしていない。


関連キーワード: 医療福祉 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • 古垣建設
  • web企画
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,063)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,213)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,189)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,713)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,312)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。