旭川ウェルネスセンターの中核施設、森山病院を9月末入札

2018年08月27日 07時00分

 医療法人社団元生会(旭川市8条通6丁目左10、森山領理事長)は、旭川北彩都地区に建設する仮称・旭川ウェルネスセンターの中核施設となる森山病院新築を、9月28日午前11時から条件付き一般競争入札する。外構を含む主体、設備一括で、10月中旬に着工。入札参加申請は締め切った。入札後に落札者が代表者となる特定共同体を結成する、入札後共同体結成方式を採用している。

 法人所在地にある森山病院は、施設の老朽化が進んでいる。旭川市が公募型プロポーザル方式で売却先を募った宮下通2条1丁目2の土地約1万7500m²を2015年に取得。同病院を核に健康をテーマとする生活文化拠点施設の仮称・旭川ウェルネスセンターを整備することにした。

 敷地内には同病院をはじめ、スポーツ施設やレストランなどの商業施設を新設。大雪山系の山々や北彩都ガーデンの景観を生かし、医療だけでなく、食や運動などライフスタイル提案型の開放的な施設を目指す。

健康、医療、福祉を柱とする旭川ウェルネスセンターの中核施設・森山病院の完成予想図

 新たな病院はRC一部S造、地下1地上8階、延べ1万6603m²。病床数は、元生会が運営する愛生病院の60床を加えた232床とする。駐車場は200台程度用意したい考えだ。実施設計は久米設計・柴滝建築設計共同体が担当。総工費は約60億円を見込んでいる。

 入札後に落札者は、元生会が指定する期日までに自らを代表とする共同体を結成し、契約を結ぶ。

 共同体代表者は道内に本店か営業所を有し、直近の経審総合評点の建築が道内に本店を置く者で1200点以上、それ以外は1700点以上の者とする。構成員は上川管内に本店を有し、直近の経審総合評点の建築が900点以上であることを求める。

 完成予定時期は、建物本体が20年3月末、外構が6月末で、7月1日のオープンを目指す。

 新設する商業施設について元生会は「交渉中」として、明らかにしていない。


関連キーワード: 医療福祉 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,136)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,930)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,104)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,735)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,504)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。