旭川で建築・設備施工管理CPDの認定プログラムを開催へ

2018年08月28日 18時30分

 建設業振興基金が2018年4月にスタートさせた「建築・設備施工管理CPD制度」に関連し、旭川空調衛生工事業協会は、CPD認定プログラムを実施することができるプロバイダーに登録した。協会では会員企業の技術者に同制度への参加登録を呼び掛けており、来年度からCPD認定プログラムを開催したい考えだ。

 建設業振興基金は、土木・建築だけではなく設備系の技術者もCPD(継続学習)単位を取得できるよう、これまでの建築施工管理技士向けの「建築施工管理CPD制度」を「建築・設備施工管理CPD制度」に改め、電気・管工事施工管理技士らも対象とした。

 技術者への継続的な教育とそれによるレベルアップの重要性を感じていた同協会は、本制度の創設に伴いプロバイダーに登録。会員企業の技術者が時間と費用をかけて札幌まで認定プログラムを受講しに行く負担を省き、旭川でも受けられるような環境を整えることにした。開発局や道ではCPDに関する取り組みを総合評価方式の評価項目としており、今後さらに広まっていくことが予想されることもプロバイダー登録の理由の一つだったという。

 認定プログラムは旭川市職員を招いて毎年実施している技術者講習会や竣工前の現場見学会などを想定。来年度からのプログラム実施を見込んでいる。

 同協会の広田成一専務理事は「まだ緒に就いたばかりの取り組み。当面は会員企業への周知と技術者登録を呼び掛け、旭川でもCPD認定講習を気軽に受けられるようにしていきたい」と話している。


関連キーワード: 道北

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

e-kensinプラス入会のご案内
  • オノデラ
  • 日本仮設
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

函館―青森間、車で2時間半 津軽海峡トンネル構想
2021年01月13日 (3,063)
BP新駅で大規模開発 高層MS、商業施設、ホテルな...
2022年06月29日 (2,213)
おとなの養生訓 第43回「食事と入浴」 「風呂」が...
2014年04月11日 (2,189)
おとなの養生訓 第126回「なぜ吐くのか」 空腹時...
2017年12月22日 (1,713)
「アイアンショック」の足音 鋼材高値、リーマン前に...
2021年07月15日 (1,312)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 激化する若者獲得競争
地方企業が取るべき
戦略は-new

激化する若者獲得競争 地方企業が取るべき戦略は-
若者獲得に向けた工夫とは。釧路市内の団体が開いたセミナーから、各回の講演概要を紹介する。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第234回「アセトアルデヒド」。二日酔いの原因物質で、顔の赤みや動悸、胃腸への刺激を引き起こします。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第21回「住宅の内装/色と素材感」。質感や柄から受ける印象も大切にしてコーディネートを進めたいものです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第20回「能力向上へ適切な指導」正しいゴールの設定やフィードバック、成功体験が大切です。