放課後児童クラブ併設し移転改築 森町のさわら幼稚園

2018年10月12日 16時00分

 森町は、2019年度の移転改築を目指し、さわら幼稚園の実施設計を進めている。放課後児童クラブを併設したRC造、平屋、延べ約1500m²の規模で計画。総工費は約10億円を見込み、20年4月の供用開始を予定している。

 砂原1丁目12の4にある現施設はW造、平屋、延べ823m²の規模。1976年の建設で、施設の老朽化が進むほか、海抜3m以下の津波浸水区域内のため、さわら小、砂原中などが立地する約500m南側に移転新築する。

基本設計段階での外観パース

 中央に遊戯室を配し、保育室4つ、午睡室1つ、職員室、会議室、応接室、調理室、器具庫などを並べる。約250m²は放課後児童クラブ関連となる。幼保連携型こども園への増築を想定し、東側にスペースを確保する。

 南側の屋外遊戯場は約2400m²の広さ。各保育室からポーチを介して直接出入りできるよう設計し、築山や遊具、砂場、食育の観点から農園などを設ける。約60台分の駐車場は北側に集約させる。

 実施設計は19年3月15日までの履行期間でアトリエアクが担当している。

 19年度は主体、電気、機械、外構などに分割して一般競争で公告する見通し。


関連キーワード: 道南

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (5,539)
江別蔦屋書店オープン 飲食など17テナントが出店
2018年11月21日 (2,783)
富良野道路が開通 北の峰トンネルなど難工事克服
2018年11月26日 (2,619)
JR苗穂駅新駅舎が開業 橋上化、再開発動きだす
2018年11月17日 (2,321)
札幌駅前通ビル2棟を一体開発 ヒューリック
2018年11月29日 (2,209)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第149回は「冷え」。その症状は血液の循環、血流不足によって起きます。その対策などをお教えします。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。

連載 エンジン01in釧路 市民向け講座から

北海道150年を支えた偉人
釧路公立大で開かれた市民向け講座を紹介します。全9回

連載 道総研 研究・活動報告2018new

明日を支える
北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。全15回