旧道立産業共進会場跡の複合商業施設ブランチ札幌月寒着工

2018年10月12日 07時00分

 大和リース(大阪市中央区農人橋2丁目1の36、森田俊作社長)は、札幌市内の旧道立産業共進会場跡地に新築する複合商業施設、仮称・BRANCH(ブランチ)札幌月寒を主体、設備一括して鉄建建設・宮坂建設工業共同体に決め、着工した。物販販売やフィットネスクラブ、飲食店、認可保育園などS造の計7棟(延べ1万5300m²)で構成。2019年4月から順次オープンする予定だ。

 建設地は札幌市豊平区月寒東3条11丁目21の5、21の27の敷地4万4173m²。17年に道農政部が実施した公募型プロポーザルにより、大和リースが売却先となった。

 同社は、自社複合商業施設ブランド「BRANCH」の道内第1号として計画。体験型施設、交流スペース、芝生広場を設けるなど、地域のコミュニティーを育む拠点をコンセプトとした。建設費は28億4100万円を見込む。

仮称・ブランチ札幌月寒の完成イメージ

 敷地南西側から南東側に掛けてスーパーマーケット(平屋、延べ3000m²)、物販販売店舗(同)、保育園と児童デイサービス(平屋一部2階、延べ3000m²)、飲食店舗など(平屋、延べ1500m²)を設置。保育園や飲食店は約1万m²の公園施設内に整備する。

 公園から北側に向かって、飲食店舗など(2階、延べ1000m²)、クリニックモール(2階、延べ1500m²)、フィットネスクラブ(2階、延べ2300m²)を配置。敷地中央には469台分の駐車場を設ける。

 設計は大和リース、総合プランニングセンター、高野ランドスケーププランニングが担当している。

 11日に現地で起工式を開いた。大和リースの山本圭一上席執行役員設計推進部長がカマ、森内潤一取締役常務執行役員流通建築リース事業部長がクワ、鉄建建設の荒明浩登執行役員札幌支店長がスキを入れ、無事完成を祈念した。


関連キーワード: さっぽろ圏 商業

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 古垣建設

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

19年度から札幌市内の工事が本格化 北海道新幹線整備
2019年01月23日 (5,134)
北海道局長に和泉氏 開発局長は水島事業振興部長 国交省
2018年07月24日 (3,365)
道東道夕張―十勝清水間の4車線化へ道などが緊急要望
2019年01月25日 (2,538)
北4西18に複合施設 カレスサッポロが10月着工
2019年01月21日 (2,379)
サッポロテイセンボウルなど跡地に商業施設検討
2019年01月31日 (2,069)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第153回は「夢」。一日の記憶を整理 整頓して、脳の疲労を解消する役割を 持っています。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。