北ガス石狩発電所が営業運転、LNGで電力安定供給へ

2018年10月15日 12時00分

 北海道ガスは11日、今月営業運転を開始した石狩発電所を報道機関に公開した。液化天然ガス(LNG)を燃料とした自社電源を整備し、安定した電力供給体制を築くことが目的。発電時の廃熱を有効活用し、電力・ガス製造コストの抑制につなげる工夫も凝らしている。

 石狩市新港中央4丁目の石狩LNG基地内に、総工費約100億円を投じて新設した高効率のガス発電所。発電容量は7万8000㌔㍗。リスクの分散などを考慮してガスエンジンを10台活用し、発電する仕組みとした。「1台がダウンしても、残りの9台は運転を継続できる。幅広い需要変動にも対応できる」と、前谷浩樹エネルギーサービス事業本部長は特長や利点を紹介した。

ガスエンジンを10台活用する

 発電時の廃熱をLNG基地内でフル活用する。一般的に火力発電所は廃熱を海に放出しているが、発電時の廃熱を蒸気にして回収し、それをLNG基地内のガスの製造熱源として使うため、従来かかっていた燃料コストを最大で年間70%程度削減できるとしている。

 1㌔㍗アワーの電気をつくる際に発生する二酸化炭素量は0・33㌔。他社と比べて半分の量で環境にも優しい。

 北海道胆振東部地震発生時のガス供給状況に関しては、LNG基地内の製造・供給設備に被害がなく、発生後も通常通りガスを供給したと報告。「供給設備の低圧管を、耐震性・耐久性に優れたポリエチレン管に入れ替えるといった地震対策をとっていた。これにより、ガス漏えいは起きなかった」と説いた。

 前谷本部長は「冬に起こっていたら、どうなったか分からない。今後も震災に備えた取り組みを進めたい」と話していた。


関連キーワード: エネルギー

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 日本仮設
  • 東宏
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (5,186)
きのとや、札幌・清田に新店舗 完成は11月中旬
2019年06月08日 (4,796)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,984)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (2,970)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (2,232)

連載・特集

連載 ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流new

ルポ色丹島 北方領土ビザなし交流
開発の波が訪れつつある色丹島の状況を報告します。

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。