魚に優しい魚道へ 後志利別川で石組みフィールドワーク

2018年10月17日 12時00分

 後志利別川の今金町住吉頭首工で10―12日、既存の魚道に石を組んで遡上(そじょう)効率を高めるフィールドワークが開かれた。流域生態研究所の妹尾優二所長の指導・監修の下、地域住民やコンサル業者らが石を組み、多様な流れを作り、魚類に優しい環境へと変えた。

 魚類の生息環境を創出し、良好な河川空間を地域振興につなげようと2017年度から活動する後志利別川「エコ・UPプロジェクト」の一環。町民有志で組織する今金川の会、函館開建などが主催している。

10人ほどの参加者で石を組んだ

 3回目は長さ30・9m、幅1・8mのコンクリート魚道の段差7カ所を改良。一部を削り、後志利別川の石材を配置・角度を考え、隙間に生コンクリートを入れて固めながら約80cmの高さまで組んだ。石を運び込む作業などは北工建設(本社・せたな)が協力した。

 大きさの異なる石をバランス良く組む作業で、参加者は「非常に良い経験をした」と満足した様子。妹尾所長は「水の力で石が組まさるイメージ。自然に近い状態にすることで、流れに多様性が生まれる」と説いた。

 この石組み魚道は、取水時の5月から8月に使われる。昨年、製作した丸太などを使った手作り魚道と合わせて季節問わず、遊泳力が弱い魚たちも遡上しやすい多様な流れが生まれた。

 秋山泰祐今金河川事務所長は「今後も魚道に改良を加えるなどし、魚類の生息環境をより良くしていきたい」と話していた。


関連キーワード: 河川

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • 北海道水替事業協同組合
  • 川崎建設
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (4,262)
札幌市民ホール 愛称は「カナモトホール」
2019年02月15日 (2,577)
新幹線札樽トンネル、今秋から立坑掘削 札幌で工事開始
2019年04月22日 (2,413)
札幌・北4西3街区再開発 5月にも準備組合発足
2019年03月28日 (2,196)
札幌・北3東11周辺再開発 22年春全面開業へ
2019年04月16日 (1,836)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第158回は「サウナと二日酔い」。酔いを醒ます効果はなく、逆に心筋梗塞などを引き起こす危険があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。