町民センター来夏着工へ 建設費38億円見込む 遠軽町

2018年12月08日 18時00分

 遠軽町は、現在設計を行っている仮称えんがる町民センターについて、2019年初夏の着工を目指し、準備を進めている。19年度当初予算に建設費を盛り込み、同5―6月ごろに入札する見通し。その後、議会承認を経て着工となる。入札方式については19年3月中をめどに決定する。オープンは21年夏ごろを予定している。

 建設地は、JR遠軽駅付近の町中心部である岩見通南1丁目。老朽化が進む福祉センターの後継施設で、福祉センター機能のほか、音楽ホールなども設置する。基本・実施設計は石本建築事務所・日本都市設計共同体が進めている。

 最新の案では、RC一部S造、地下1地上3階、延べ7000m²以上の規模となっている。1階は音楽ホールをはじめとした音楽関連施設、2階に現在の福祉センター機能を持たせる。地下1階には機械室を置き、3階は全面フロアではなく、音楽ホールの照明関係の部屋などが設けられる計画。

 以前から1000m²ほど面積が増えているが、これは1階部分にJR遠軽駅から同センター、町中心部を結ぶ公共歩廊などを設置したことによるもの。

 設計については、町内関係団体代表者や学識経験者で構成する建設検討協議会による意見交換が進められており、それらの意見も踏まえて12月中にも決定する運び。

 現段階で建設費は約38億円を見込む。同センターやその付近の道路、駐車場整備なども含めた都市再生整備計画を国土交通省に申請中で、採択されれば補助額の一部を建設費に充てる。

 施設名称については、公募なども視野に入れ、検討しており、19年中に決定したい考えだ。


関連キーワード: 市町村行政 道東

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 川崎建設
  • オノデラ
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,096)
2人暮らしに最適な平屋提案 内池建設
2020年10月08日 (1,473)
若返る新さっぽろ(上)医療・教育施設が核
2020年09月30日 (1,443)
若返る新さっぽろ(下)厚別区全体へ波及を
2020年10月02日 (1,295)
道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (1,122)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 「建築の聖地」メムメドウズの10年new

「建築の聖地」メムメドウズの10年
独創的な住宅が点在する次世代住宅研究施設が誕生して10年。世界的にも類を見ない建築群のこれまでと現在を追った。

連載 本間純子
いつもの暮らし便

本間純子 いつもの暮らし便
第1回「街並みに調和する外壁の色」周囲と調和し、その建物も映える色を見つけたいところです。

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第193回は「酒豪」。お酒に強くても醜態をさらしてはただの飲兵衛。節度をもって周りと接してこそです。

連載 行政書士
池田玲菜の見た世界

行政書士池田玲菜の見た世界
第1回「行政書士ってどんな仕事?」雑多な手続きを一切合切担います。何でも相談してみてください。