廃止に関する覚書を締結 札沼線沿線4町とJR北

2018年12月20日 18時00分

 札沼線(北海道医療大―新十津川間)の廃止を受け入れた沿線4町とJR北海道は20日、月形町役場で廃止に関する覚書を締結した。廃止日は2020年5月7日。今後、JR北海道は沿線4町の交通体系整備やまちづくりに対し、合わせて約18億円の支援を実施する。

廃止に同意する文書を交わす島田社長(右)と上坂月形町長

 締結式には、沿線自治体から上坂隆一月形町長、斉藤純雄浦臼町長、熊田義信新十津川町長、宮司正毅当別町長が、JR北海道からは島田修社長が出席した。

 同路線は、16年11月にJR北海道が発表した維持困難線区に含まれ、それ以降、沿線4町は札沼線の存続を軸に話し合いを進めてきたが、ことし10月12日、4町の総意として廃止を容認した。

 今後は、20年間分の当別―浦臼までのバス運行や、既存バスの運行支援など交通体系整備に4町合わせて14億8600万円、まちづくり支援に4町合わせて3億3000万円をJR北海道が支援する。このほか、JRが所有する鉄道の用地や付帯施設の無償譲渡、付帯施設を撤去する場合の財政支援などにも合意した。

 月形町の上坂月形町長は「とうとうこの日が来たと思い、胸にこみ上げるものがある。20年後、50年後にこの決断が間違っていなかったと思ってもらえるような、しっかりしたまちづくり、交通網をつくっていく役割を果たしたい」と思いを述べた。

 JR北海道の島田社長は「苦渋の決断をしてもらったことを重く受け止め、感謝している。まちづくりへの支援や交通体系整備とともに、観光振興に対しても一緒に取り組んでいく」と話した。


関連キーワード: 道央 鉄道

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

web企画
  • イイファス
  • 東宏
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

札幌・月寒東に延べ3.2万m²の日本医療大
2019年05月29日 (4,546)
札幌駅南口再開発が始動 北4西3に超高層複合ビル 
2019年05月24日 (4,017)
札幌市、地下鉄駅をリフレッシュ 10カ年で92億円
2019年05月28日 (2,565)
札幌駅前に新タワービル JR北海道が不動産事業を強化
2019年04月10日 (2,190)
芙蓉総合リースが札幌・北10西16に商業施設
2019年06月09日 (1,786)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第161回は「チャーハン」。白飯より 血糖値の上昇が緩やかで、太りにくい 性質があります。

連載 北海道遺産

北海道遺産
開拓や経済・生活の発展に貢献した6件を紹介します。